セクハラやちかんを避ける為に。

セクハラやちかん、レイプなどはいつの時代も女性の悩み、問題です。加害者を自ら見つけることは、警察でない限りなかなか難しいものです。そこで自分のできることは、自分を守ることでしょう。

例えば女性はファッションで胸の谷間を見せてみたり、ミニスカートをはいてみたり、本人はオシャレでしていてもそうは見ない男性がほとんどです。また、女性も男性の気を惹きたいという気持ちも無くはありません。しかし、自分の思う人に見てもらえるかといったら、そうとは限りません。思う人が見ていたとしても、また、そうでない人も見ている可能性を常に考えなければいけません。

だからといって、体を隠せと言っているわけではありません。正直私もミニスカートや露出が多い服を着たことがあります。

重要なのは常に緊張感をもっていることだと思います。例えばスカートが短いなら、階段やエスカレーターで見えないようにガードする。胸が開いた服ならストールなどで隠すことができるものを常に持っておく。携帯で話をしながら夜道を歩かず、周りに意識をもっていく。

そういった工夫だけで、隙はだいぶ無くせると思います。隙があまりない女性はどんなに露出をしてても、狙われにくいでしょう。何よりも狙われるのは隙だらけという人です。

被害者で泣く前に出来る限りのことは、自分で自分を守るものとして女性がしていくべきことだと思います。

親の行動

最近のニュースでローラさんがお父さんの事件によってだいぶ辛い思いをしている記事を見ました。正直とてもかわいそうです。子供がどんなに悪くなくても、親の行動によって子供にも影響が及ぶのです。

私は今から子供を産みたいと思っていますが、やはりしっかり考えて子供が後ろ指さされないよう気を付けていきたいと思います。気を付けていても人間なので何か起こってしまうことはあるかもしれませんが、それでも気を付けるかどうかで子供の人生は大きく変わると思います。何かが起きてしまってもその時の親の行動や思いをみて、子供は育っていくでしょう。

私は前に音楽教室の講師をしていて、その時に多くの親子をみてきました。そこで、やはり子供のことを考えて行動している親と、まだ自分の好きなように生きたいと自由に行動する親がいました。それは他人の私から見ても一目瞭然です。皆さんそれぞれに子供を愛しているのは分かるのですが。。。

若くして子供を産んだり、予想していなかった出来ちゃった婚などでは、なかなかそこまで思いがまわっていない例があります。もちろんそうでない方たちも含めてです。子供の人生の為に、自分の行動を見直そうという考えをもって命を大切にしてほしいと願います。

男友達にキスされた!

学生の友人で、最近男友達の一人に何回かキスをされた子がいます。彼女には彼氏はおらず、その男友達には彼女がいます。

彼女は「彼女と別れる気がないのにそーやって優しくしてきて、キスしてきて、あたしのことかわいいって言うのが腹たつ!」と嘆いています。しかし私からしてみれば、ではキスをしなかったらよいのでは?拒めばよいのでは?と思ってしまいます。そういう男性とつきあっても、同じことをされるのが目に見えていますし。

それを伝えるとキスした自分のことには何も言わず、別に好きではないけど腹たつ!とのこと。うーん、私には理解し難いところです。

彼女自身がその男友達とその時キスをしたいと思って拒まなかったのであれば、怒る必要性が分かりません。彼女自身もしたい気持ちがあったならそれはそれでいいのではないかと思うのです。浮気を肯定するつもりはありませんが。。

また、彼女は男友達が多く、普通に女一人で男友達何人かと遊び、普通に家に泊まることも多々あるようです。それなら、ちょっとした出来心の男性の気持ちも分からなくはないです。どんなに友達と言っても、男は男、女は女、少し距離を考えてつきあっていけばいいのになぁと思うのです。

男女の性の感覚の違い

私は来年結婚予定ですが、彼氏にしょっちゅう「早く生でしたい。早く中出ししたい。」と言われます。私は結婚するまで、というか子供を欲しいと思うまで避妊をしたい考えです。もちろん彼氏は無理強いすることは無く、私の意志は尊重してくれますが、たびたび上のような事を冗談めかして言われます。

最初は嫌悪さえ覚えていましたが、今では上手く受け流すことはできるようになりました。男性はAVから、又は噂からそういった気持ち良さを知りたいと思うのでしょう。それはそれで仕方ない感情なのかなと思います。

私は女なので、やはりまだ子供をと思っていない時期に考えもなくするのは抵抗があります。もちろん、彼が言うように一つになりたい、中に全て出して欲しいという本能的なものはあります。でもやっぱり子供を大切にしたい気持ちが強いので、なかなか彼の意見にうんと頷くことはできません。

結局はどこまで男性が感情を抑えてでも彼女を大切にしたいと思えるか、そして女性が男性の気持ちも理解しつつ、なだめて話をできるかということだ思います。最近ではできちゃった婚が当たり前のように浸透していますが、私としてはできたから結婚するのでなく、結婚をして家族を増やしたい、この人との子供を作りたいという思いで妊娠できたらなと思います。

女性の厄年

女性は大きな厄年として、前厄が31歳、厄年が32歳、後厄が33歳にきます。そこで女性は、厄年に結婚してもいいのか?離婚するのでは?という不安を持つ方が少なくないようです。果たして厄年に結婚は良くないのか?

それは全く関係ありません。どの年に結婚しても離婚する人は離婚しますし、厄年に結婚しても幸せな家庭を築いている方は多くいらっしゃいます。要はそれを気にするか気にしないかの個人個人の考え方だと思います。

ただ、厄年というのは人によって異なりますが、体が変化を迎える時期ではあります。体調を崩したり、ホルモンバランスを崩したりといったことは起きる可能性があります。そこを理解して、体調が優れない時は無理せず休んだりといった対処をすればいいだけです。

また、厄年に子供を産むと厄落としになるという話もあります。決して子供に悪い影響がいくわけではありません。ただそういった昔から伝わる話があるだけです。

現に私は前の厄年に何一つ大きな悪いことが起こった記憶はありません。むしろ全く関係ない時期に悪いことが続いたこともあります。結婚や出産など、とても幸せな出来事ですし、そこまで過敏に厄を意識しなくてもいいのではと私は思います。

妊娠中のセックス

妊娠をするとセックスレスになる夫婦がとても多いようです。女性の方がそういう気分にならなかったり、赤ちゃんに悪いのではないかと旦那さんを拒みがちになるそうです。

しかし実際、妊娠中にセックスをしてはいけないのかというと、そうではありません。むしろ、セックスレスの女性よりセックスをしていた女性の方が早産の危険性が低いという結果もあるそうです。詳しいことは分かっていないようですが、赤ちゃんもパパ、ママが仲良しだと嬉しいのでしょう。

ただ気をつけることはもちろん多くあります。妊娠初期はあまりしないこと、女性の楽な体位で挿入すること、ウイルス等の感染を防ぐ為必ずコンドームをすること、挿入は浅く、激しくしないこと、お腹が張ったりと何か変化があったら中断すること、など女性も男性も赤ちゃんを守る為に注意深くする必要性があります。

そんなにたくさん注意することがあったら、ムードも無いし、疲れるから嫌!という方も多くいるでしょう。しかしそこで男性が女性を思いやりながらできると、ただのセックスでの快楽とはまた違った、お互いを大切にするとても幸せな時間を過ごせるのです。私はセックスをとても大事な愛情表現だと思っています。妊娠しても上のようにお互いを思いやれるセックスを出来たらなと強く思うのです。

彼氏が欲しい

バイト先で一緒の学生が口癖のように彼氏が欲しいと嘆きます。私から見て彼女はとてもかわいいですし、魅力的だと思います。また、周りにいる男性も多く、かっこいい人もたくさんいるのです。

ではなぜ彼女が彼氏ができないのか。彼女はこう言うのです。「彼氏は欲しい。でもあたしはやりたい事がいっぱいあるから自分の時間も大事。急に会おうなんて絶対嫌。でもあたしが会いたい時は会ってくれるような、あたしを甘やかしてくれる人がいいな。」

うーん。。。なんとも贅沢な悩みです。そもそもそんな人を探そうとする方が難しいでしょう。彼女はまだ自分自身が大切なんだなと思います。それは決して悪いこととは思いません。自分のやりたいことをやる、やりたい事に時間を割く、それは学生の時にこそ思いっきり出来ることではないでしょうか。もちろんそこから彼女自身も学んだり成長したりするとてもいい機会でしょう。

でもそれにプラスして彼氏も欲しいとなると、考え方を変えた方が彼氏ができやすいのではと思います。要は人間対人間。お互いに思いやりを持ちながら、時に我慢をしながら、つきあっていくのが本来の姿だと思うのです。自分に合わせて欲しいというのはちょっと勝手すぎるかなと思います。

きっと彼女は今がとても楽しいのでしょう。それはそれでいいと思います。彼氏が出来る時は、自分にちょっと余裕が生まれ、相手を思いやることができる時なのかなと思います。

結婚式に異性の友人を呼ぶかどうか。

前までは自分の結婚式に異性の友人を呼ぶのは、なんとなく禁止というか遠慮をすべき点だと思っていました。やはり、相手が自分の知らない女性を呼んで親しそうにしていると、良い気持ちになりません。だからこそお互いにそれは考えてあげるところかなと思っていました。

しかし実際自分の身にそれが降りかかってきて本当にびっくりしました。彼が結婚式に女性の友人を呼びたいと言うのです。もちろん、私は会ったことが無い女性ですし、県外なので結婚式までに会うこともできません。私はあまり良い気持ちにならなくて、素直に嫌だということと理由を説明しました。

しかし彼からしてみると、「女性でも友人ぢゃないの?女性だから呼ばないっていうのは差別ぢゃないか?俺の周りの友人はみんな女性の友人でも呼んでいる」とのこと。とても悩みました。確かに差別しているのかなという気持ちは無くも無いですが、結婚式は二人のもなのでお互いに思いやりを持って欲しいなと思うのです。また、私は男性の友人を呼ばないので、彼だけ女性の友人を呼ぶことに抵抗を感じます。

周りにも聞いてみると、気にしないという子と、嫌だという子の二通りがいました。考えておくと彼に伝え、まだ返事はしていないのですが、とても悩むところです。彼の友人関係を大切にしてあげたい気持ちもありますし。。。皆さんの考えはどうでしょうか?

ガールズバー

私の周りの学生でガールズバーでバイトをしている子が何人かいます。ガールズバーの詳しいことは私も知りませんが、話を聞いている限りでは、キャバクラ等と変わらないと感じます。ただ呼び方がナチュラルになっただけのような気がします。

それもあってか、若い子、特に学生などは軽い気持ちでバイトをしているようです。でもやはりそこは男性が女性を求めていくところ。全く危険が無いとはいえないでしょう。しかし実際働いている子達はほとんど危険を感じていないようです。

私からすると若さゆえにできるのだろうけど、もっと危機感を持って欲しいなと思うのです。決してガールズバーやキャバクラ、風俗で働くことがいけないと思っているわけではありません。ただ軽い気持ちで仕事をして欲しくないと思うのです。若いとそれだけで男性は喜びますし、露出していれば余計男性は寄ってくるでしょう。それを何の抵抗も無く若さゆえですることにはとても複雑な気持ちになるのです。

ガールズバーで働くなとは言いません。責任をもって立派にお仕事されている方はたくさんいるでしょう。ただ、責任や危機感を全く持たずにする事にはとっても心配です。ニュースで日々伝えられているセクハラや強姦、ストーカーなどは、決して人事ではないということを理解して行動してほしいのです。

妻への男の願望

私は来年結婚を予定しています。具体的に結婚話が進むようになって、彼氏から私への願望?のようなものをよく聞きます。

例えば、仕事はパートでもいいからして欲しい、完璧ではなくていいから家事はある程度して欲しい、料理は絶対美味しく作ってほしい、朝は必ず起きて送り出してほしい、お弁当は毎日作って欲しい。

私は世話好きなのもあり、彼氏と結婚したら、彼の生活を支えたいと心から思っています。なので上記にある彼が言う通り、料理は頑張って美味しく作りたいですし、家事はある程度きちんとしたいですし、朝に弱い私ですが頑張って起きるつもりです。

しかし、こういう風に願望を言われるとなんだかプレッシャーもありますし、不安、腹が立つ気持ちも生まれてくるのです。思っていても出来れば口に出して欲しくないなと思います。昔と違って女性は3歩下がって男性についていく、というような時代ではないのですが、やはり男性の中には自分の身の回りの世話をしてくれ、自分についてきてくれ、基本家事をするのが女性で、経済面が男性という感覚が残っているように感じます。

決して私はそれに抵抗があるわけではないのですが、口に出されると少し腹が立ちます。皆さんの周りにもそんな方はいらっしゃいますか?

胸よりお尻?

私の彼氏がよく言うのですが、男性は若い頃、女性の胸にとても興味を持つが、年を取ると胸よりお尻の方が魅力的に感じるそうです。もちろん個人の好みはあると思いますが。

いやしかし確かに、思春期真っ只中の男子の目線や興味はお尻よりも胸にあるように感じます。あいつの胸は大きいなどと陰で話していることも多いです。また女子の方も、比較的胸の大きさや形を気にしています。体操服を着たり、夏になり薄着になると、同級生の間でも胸に気持ちや意識が向きます。見た目で分かるからこそ余計気になるのかもしれません。

しかし大人になると、胸よりもお尻の方が魅力的に感じる男性は多いようです。ふっくらとした女性らしいお尻に視線が動くようです。はっきりとしたことは分かりませんが、性的な意味からそうなるのでしょうか。また子孫を残そうとする人間の心理からくるものなのでしょうか。

男性の目がどのようなところを見て魅力的と感じるか、また年を重ねるに連れどう変わっていくのか、女性の私には分かりませんが、彼氏に言われればやはり胸と同じくらいお尻の形や大きさが気になってくるものです。これから年を重ねるにつれ体も変化していきますので、いつまでも男性に興味を持ってもらえるよう努力したいなと思う今日この頃です。

結婚祝い

結婚祝いに何を贈るかとても迷いますよね。

実際にもらった側の人からすると、やはり日常的に使えるもの、又は消耗品が嬉しいようです。日常的に使えるものと言っても、二人が使うお茶碗やコップなどは基本もうすでに二人で選んで持っている場合が多いので、例えばお客様用のコップなどはいくつあっても嬉しいですし、まだ準備していないことも多くありますので喜ばれるようです。新婚の二人に使って欲しいと思えば、数あっても問題ないものであれば喜ばれると思います。

また最近では鍋も喜ばれる一つだそうです。自分ではとても買おうと思わない少しリッチな鍋や圧力鍋などは本当に重宝するようです。ただ私個人としては相手に相談してからが良いかなと思います。圧力鍋が何個もあっても困るだろうし、幅を取るものなので。

後は無難にお花、写真立て、タオルなどもよいかもしれません。お花も新しい家にあるだけでぱっと華やぎますし、ブリザードフラワーなどであれば手入れも面倒なく、長く楽しめると思います。結婚ではないですが、実際に私も貰って嬉しかったものの一つです。

大切な人達の幸せな結婚のお祝い。自分の趣味を押し付けるのではなく、やはり相手が喜んでくれるようなものを選びたいですね。

生理前、生理中、生理後の悩み

みなさんは生理前や生理中、生理後などにどんな悩みをお持ちですか?

私は基本、生理前に肩凝り、頭痛、イライラ、情緒不安定、寒気、過食、下半身のだるさ、腰の痛みなどの症状があります。肩凝りからくる頭痛はあまりにひどく、放っておくと気分が悪くなる為、市販で売られている頭痛薬に助けてもらっています。

イライラ、情緒不安定が一番困ることです。無意識にパニック状態になったり、わめき散らしたり。。。周りにも迷惑をかけてしまって申し訳ないの一言です。私は精神的な病気を患っている為、どうしてもひどいときは精神安定剤にも頼ります。

過食に関してはもうしょうがないの一言で収めてしまっています。基本、生理がきた途端拒食になるので、体重のバランスはなぜか取れています(笑)しかし体には負担が大きいと思います。。そしてとても便秘になるので、元々便秘症の私には苦しい毎日です。

下半身のダルさも、お湯にゆっくり使ったり、なるべく負担をかけないように気をつけています。一度、腰のダルさがひどいときに無理をしてぎっくり腰にもなったことがあるので。。。そういうときは体が弱っているので無理をしないことをが一番です。

はっきり言ってもうめんどくさいと思うことは毎月です。しかしこれから子供を産みたいと思うので、これからも上手く付き合っていくしかないなと思う限りです。

女性の職場

私は過去にも女性ばかりの職場でしたし、今も女性ばかりの社員さんに囲まれた中パートをしています。

その中で、みんな仲が良さそうにしてても、不意に刺々しい雰囲気になりがちだなとたびたび感じます。男性もいるにはいるのですが、あまりに少人数すぎて、逆に肩身が狭い思いをしているように見えます。女性同士となると、揉め事も何かと長く続きます。みんながそれぞれの思いを言い出したり、表では笑っていても陰では違う意見を言っていたり。。。

細かいところまで目が届いたり心遣いは女性の方が得意なのかなとは思いますが、そのぎすぎすした雰囲気は見ていてもたまりません。

また、女性は生理の前や生理中、ホルモンの乱れなどで体も感情も大きな起伏があります。そんな時に揉め始めるとたいていなかなか収まりません。私も女なので分からなくはないのです。しかしやっぱり女性だらけの職場は何だか居心地が悪い感じがします。

周りの友人などもやはり職場の人間関係などは女性同士の中で悩むことが多いようです。

一番良いのは女性、男性共にある程度バランスのとれた職場なのかもしれません。また、私の個人的な意見としては女性が多い職場は、まとまりを作ってくれるような男性社員、または男性の上司がいたほうが仕事も効率よくすすむのでは?と思うのです。

彼氏でない人とのセックス

彼氏ではない人とセックスをするのは、高校時代で軽い子なんだという意識が強く、周りからも反感を買っていました。しかし大人になるとどうもそれは違うようです。

実際私の周りでも聞いてみるとほとんどの子達が、彼氏ではない人とのセックスを経験したことがあると答えました。彼氏がいなくて寂しい時、セックスがしたいと思った時、人肌恋しい時、その場の雰囲気で、彼氏はいるけど他の人ともしてみたくて、といったように理由は様々です。

決して正当化するわけではありませんが、誰かを傷つけたり自分を傷つけたりしないのであれば良いのではないのかなと私は思います。女性にも性欲はあると思いますし。また、もし何かしらの理由でバレたり、人を傷つけてしまったならば、それだけの責任や罪悪感は持つ覚悟は必要かもしれません。

私も興味本位で彼氏以外とセックスをしたことがあります。最初は抵抗や罪悪感はありましたが、終わってみるとなんだこんなものかと思いました。結局よほど生理的に無理ということがない限りは、セックスはできるようです。

しかし満足度や愛を求めるならば、やはり愛する人とのセックスをすることが一番でしょう。私は経験してみて改めて、愛する彼氏とのセックスが一番幸せだと実感することができました。

何を求めてセックスをするか、それによって相手が変わってくるのかもしれません。

子供への叱り方

最近では子供を叱りすぎるのは個性を邪魔してしまうと言われ、控えられるようになってきています。叱るのではなく、きちんと説明をして正しいこととそうでないことを落ち着いて伝えるそうです。

もちろん、それはとても大切なことだと思います。正しいことかどうか子供自身が理解すればとても良い方法でしょう。

しかし、それをまだ幼い0歳、1歳、2歳などの年齢の子供に対して一生懸命説明をしようとしている親を見たことがあります。第三者の私から見る限り、子供はたいして聞いていませんし、理解もしていないようです。しかし親は伝えようと必死に諭し、わかったのかもわからないうちに、自己満足で完結しています。

説明は必要です。しかし理解ができる年齢かどうか、そして理解ができる言葉かどうかもっと考えて叱るべきだと思うのです。危ないものに触ったら手を叩く、それは最近では体罰ともされるようですが、まだ言葉も理解できない子供には何かしらのアクションで伝えるべきでしょう。叩くといっても、限度を考えればいいと思うのです。

実際私も昔は悪いことをして、手を叩かれたり、頬を叩かれたこともありました。しかしそれで個性がなくなったとも思いませんし、虐待を受けたとも思っていません。なぜならば、きちんと悪いことを教えてもらいつつ、良い時はしっかり褒めてもらったからです。

子供への叱り方も、世間一般での考えより、自分の子供と親との間で考えてしていくべきものなのでは?と思います。

女性の服装

昔ほど女性の服装にうるさくなくなったとはいえ、社会に出てみるとそうは思えません。前の職場では服装は自由とされていましたが、結局のところ上からは「女性らしい格好を」と何度言われたことか。

先生という立場だった為、「先生らしい服装を」と言われ続けてきました。一応心がけていたつもりでしたが、結局ワンピースを着たら?たまにはスカートをはいたら?スカートといってもそれは短すぎない?長すぎない?そんな小言ばかり言われたものです。

もちろん世の中を渡っていくうえで、TPOというものは大切だと思います。しかしTPOをある程度のライン守れているなら、あとは個人の自由だと思うのです。特に私は女性っぽい服装が苦手なので余計不信感を持ってしまっています。

今の仕事場ではアルバイトなので何か言われることはありませんが、社員の女性の方は常に膝丈のスカートや落ち着いたリボンのついた服などを着た方が多くいます。逆に不思議に思ってしまうほど、だいたいの方が同じようなファッションなのです。

実際聞くと、やはり上から注意を受けるそうです。女らしく、華やかさがあって、でも清楚で。まだまだ古い考え方が世の中には残っているんだなと実感します。

個性をもっと尊重される社会に早くなってほしいものです。

アダルトビデオ

アダルトビデオを彼氏の家で発見。とてもショックだった。するなら隠れてやって欲しい。そんな話を聞いたことがあります。学生時代は多く聞きましたが、大人になっても嫌だと思う方は多いようです。

それに比べ私は彼がアダルトビデオを見ることに全く抵抗を感じません。生活上一週間に一度しか会えないので、彼が一人でしても仕方ないと思います。その材料となるのであれば、アダルトビデオを使ってもらって全く構いません。「綺麗なお姉さんと気持ちよくなったら~?(笑)」なんて言葉もかけます。

むしろ想像だけで一人で抜いているのであれば、ちょっと私としてはそれはそれで怖いなと思うかも。。。(笑)まして、一週間我慢してというのも若い男性には無理な問題です。

また私は彼と一緒に見ることもあります。彼の持っているものを見たこともありますし、ホテルで一緒に見ることも多いです。それを見てちょっと研究してみたり、「これ今日やってみる!?」なんて新しいことを発見したり。不思議とアダルトビデオのお姉さんに嫉妬はしないのです。

風俗に行かれるよりかは断然問題ありません。男性も心は一途でも色んな女性を抱きたいと思うのでしょうから、それをアダルトビデオで発散してくれるならどうぞどうぞという感じです。抵抗を感じている人もたまには勇気を出して一緒に鑑賞してみはいかがでしょうか?案外新しい発見もできるかもしれませんよ。

SNSの良さ悪さ

最近ではほとんどの人が利用しているSNS。離れた友達とまた繋がることが出来たり、新しい輪が広がったり、近況が分かったりと楽しいこともたくさんあります。

しかしSNSに頼りすぎてしまうのはどうなのかなと思います。知らなくてもいい情報を知ってしまうこと、みなさんも経験あるのではないでしょうか。特に友人関係では、あの子と遊んだといった楽しそうな呟きや写真を見てヤキモチをやいてしまったり、メールの返信が無い子がSNSで投稿してた時のショックなど、問題点も多く見られる気がします。

みんなどこかで自分の事をよく見せたいという感情があると思います。だからこそ幸せなことや嬉しかったことを過剰に書いてしまうこともあるのではないでしょうか。それに左右されて不安になったり嫌な気持ちになっていては、気持ち良くSNSを利用することはできないでしょう。

一番大切なのは情報に惑わされない事、そしてSNSに依存しすぎない事だと私は思います。言葉だけ、写真だけでは本当の事は何も分かりません。ただの情報に過ぎないのです。

ネットに左右されがちなこの時代。自分なりのルールを持って、距離を持って接していくことが必要なのだと思います。そうすればきっともっと楽しくSNSを使うことができるでしょう。

聞き上手になろう!

女性はおしゃべりが大好きだとよくいいます。それは本当だと思います。話すことで、ストレスを発散できたり、悩みを解決できたりするのです。

私自身も結構なおしゃべり好きです。ほおっておくとずっとしゃべっているかもしれません(笑)

しかし最近は「聞き上手な女性になりたいな」と思うのです。友人の中にも聞き上手な人がいますが、彼女達が与えてくれる安心感はとても大きいです。聞き上手ということは、相手の気持ちになって考えることができる、思いやり、心の優しさ、器の大きさだと思います。

ではどうやって聞き上手になるかです。聞こう聞こうと思っても、おしゃべり好きな人には聞き続けるということは少し辛い気がします。私がそうなので。。。

私が心がけているのは「人と話をする中で、最低3つは相手に質問をする」ということです。どんなことだっていいのです。「仕事はどう?」「最近恋愛はどんな感じ?」「最近誰か会った?」こんな感じの内容です。自分の話したいことももちろん話していいのです。ただその会話の中で3つ、相手を知るような質問をすること。聞かれれば相手も話しやすいですし、何かしらの反応を示してくれるでしょう。そう心がけるだけで、人間関係は大きく変わると思います。誰だって聞いて欲しいことの一つや二つはあると思うからです。

ちょっとした心がけで、人間関係もスムーズになり、聞き上手にもなれるのかもしれませんね。

大人になりたがる人

私の個人的意見ですが、女性は恋愛においても友人関係においても生活においても、大人になりたがる傾向が強いと思います。男性より「大人にならなければ。。。」と自分と葛藤している女性を多くみます。

それに比べ、「大人にならなければいけない。。。」と葛藤している男性はほとんど見かけません。

私も「大人にならなければ」と葛藤している一人です。年齢と心が追いついていないような感覚を常に受けているからです。肌を見れば年齢は一目瞭然なのですが、まだまだ嫉妬深く甘ったれなところが多いのです。なのに、もうすぐ結婚しようとしていて、子供も近いうち産むかもしれない。。。そう思うと大人にならなければと必死にもがくのです。

男性より女性が大人になろうと必死になるのは、子供を産むからなのかもしれないなと私は思います。自分よりもっと幼いか弱い子供を守る為には、自分が子供ではいけないと思うからです。

しかし私は思うのです。子供を産むからと言って大人になろうとしなくてもいいのではないか。むしろ、子供が自分を大人に成長させてくれるのではないのでしょうか。無理に大人になろうとしなくても、きっと日々の一つ一つの積み重ねが自分を大人に導いてくれると信じて、目の前のことを大切に生きていきたいと思うのです。

性欲が強い

私は性欲が強いと彼によく言われます。確かに性欲が強いのかな?と思うこともありますが、セックスに対して性欲とはまた違う欲もあるのです。

それは精神安定剤のような効果を求めているのです。だから不安になったり、鬱になったり、嫌なことがあると、必要以上に体を求めてしまいます。体を密着させ、求められ、自分の中に彼が入っている時は、本当に一人ではないんだと体と心で感じることができ、安心するのです。

実際、私はまだイクという経験をしていないので、最高の気持ちよさというものは知りません。しかしイク事がなくても、とても気持ちよいと思いますし、安心できることが何よりも幸せに感じられるのです。

もちろんその感情も行き過ぎると「セックス依存症」という病でしょう。私も一時期は依存症なのではないかと不安になり、色々と本やネットで調べたりしました。しかし私は彼以外の人とセックスをすることはなく、日常生活に支障をきたすほどでもないので、周りの友人に比べて性欲が強いというだけでそこまで気にしなくても大丈夫なようです。

ただやはり、相手とのタイミングや体調、気持ちを気遣えなくなったら問題だなと思うので、そこは自制をしながら彼と話合いながら上手く自分の性欲と付き合っていこうと思うのです。

フェラが苦手。

フェラが苦手という女性は多いのではないでしょうか。比較的、男性よりも女性の方が性器を愛撫することに抵抗を感じやすいと思います。私もそのうちの一人です。

経験が無い頃は、「どんなに好きな人であっても、フェラなんて絶対無理!!」と言っていた私でしたが、実際に彼氏が出来てセックスをするようになるとフェラをするようになりました。それはやはり、自分も愛撫してもらって気持ち良いから、大好きな相手も気持ち良いと思って欲しい、気持ち良くさせてあげたいという気持ちが強くなったからです。相手の反応に幸せを感じることも事実です。

しかしだからと言って、今でも決して好きだとは言えません。何度してもあの味には慣れずにいます。口に出された精子は特に辛いものです。また、口が小さく相手のものが大きいと、とても口やあごが痛くなってしまいます。

友人の中には「彼氏にはフェラは出来るけど、セフレや好きでもない人にはフェラはしない。出来ない」という子が多くいます。結局は愛があるか、ないかの問題なのかもしれません。愛があれば、少々嫌でも、相手を気持ち良くさせてあげたいと強く思うのです。

たまにフェラが好きという女性がいますが、私はフェラが好きと断言できる日は来ないような気がしています。

女友達3人組

私は高校時代に出会った2人の友達と親友になり、もう10年以上も経ちます。3人という人数で仲良くするのは、時に難しいことがあります。

例えば遊園地に行ったとき、乗り物に乗るときに誰かがたいてい1人になってしまいます。お茶やご飯に行っても、2人が隣同士、1人は向かい側という風になります。

しかし、なんだかんだ仲良く上手く3人の輪を楽しんで付き合っています。きっとこれからも3人組として親友の輪は途切れないでしょう。

しかし困ったことに私はとてもヤキモチやきなのです。私以外の2人はあまり気にするタイプではありませんが、私は男性に対しても女性に対してもヤキモチをやいてしまいます。ですから、2人が遊んだという事を知ると、モヤモヤがとまらないのです。

といっても、私もその親友の1人と2人で遊ぶことももちろんあるのです。ワガママなのはわかっているのですが、いざ自分以外で遊ぶと知るといてもたってもいられないくらいヤキモチをやいてしまいます。情けないのですが。。。私のような女性も他にもいるのではないでしょうか?

しかしさすがに大人になってくるとそういった子供っぽい感情を表向きには出来ません。だから必死と耐えてみたり、他の友達と遊んで気を紛らわせたりしているのです。女性付き合いが難しいのか、私が人付き合いが下手なのかは分かりませんが。

女性同士の付き合い、これからも色々と苦労しそうですが、気持ちを紛らわせながら永く付き合っていきたいと思っています。

一目惚れよりも第一印象?

私は一目惚れをしたことはおそらく無いと思います。雰囲気だけで好きになった事はありますが、よく漫画でみるようなピンときた感覚も無かったですし、雰囲気だけでも好きと感じるまでは少し時間がかかりました。

しかし一目惚れが本当にあるのかは分かりませんが、第一印象というものはとても大事だなと思います。第一印象が良ければ、相手の事をもっと知りたいと思うので、その後が進みやすくなると思うからです。

決してかわいい顔、綺麗な顔だけではないと思うのです。上記にも書きましたが、私はほとんどの場合が相手の雰囲気でとても惹かれます。その雰囲気がどんなものなのか説明するのは難しいのですが…その人自身が持っている元々の温かさや優しさとでもいいましょうか。もちろん、全て分かるわけではありませんが、元々持っているものは結構、自然とその人から出ているような気もします。

また、全く気にしていない人よりかは、服装や化粧、髪型などおしゃれに気を遣っている方も素敵だと思います。度合いにもよりますが、第一印象がよくなる一歩を踏み出せているのではないのでしょうか。

世の中には運命的な一目惚れもあるようですが、私は結局一目惚れをしないままの人生となりそうです。しかし第一印象の雰囲気で惹かれた彼と、今は幸せに過ごしているのでこれで良かったなと思います。

結婚資金の貯め方

結婚を本気で考えるようになると、お互い貯金の仕方を考えていきますよね。その時に、二人で口座を作って、そこに結婚資金を貯めていくカップルがいます。一つの目標に向かって二人で貯めていくことが幸せに感じたり、きちんとお互い貯めているか分かり合えるから、などの理由で口座を作るようです。

私も結婚話を本気で考え始めた頃、彼に結婚の為のお金を貯める口座を一緒に作らないかと持ちかけられました。しかし私は断りました。その理由を説明すると彼は理解してくれたので、私達は別々でお金を貯めています。

私が断った理由ですが、決して彼を信じていないわけではないのですが、まだ夫婦ではない二人がお金を共有するのはどうかなと思ったからです。例えばこの先、お互いが嫌いになってしまい、別れることになったとします。その時、どちらかがどれだけ貯めたのか、きちんと把握できて清算できればいいのですが、あやふやになっていると揉める原因になってしまう可能性も出てきます。ラブラブな時代はあやふやになっていようと、気にすることなどないと思いますが。だからこそ何かあった時、嫌な思いをするのではないかと思うのです。

私は彼を愛しています。だからこそ、もし何かあった時にお金の事でお互いを嫌に思ったり傷つけあったりしたくないという気持ちが強いのです。同じ口座を作らなくても、お互い本気で結婚を考えていれば、お互いが管理しなくても、それぞれできちんと貯金は出来ると思うのです。

お金のことで彼と揉めた友達は多くいます。それはたいてい別れた時です。だからこそなるべくそういった事がないように、これからも心がけていきたいなと私は思います。

 

女の先生は男の生徒が好き?

よく女の先生が男の子には優しくて、女の子には厳しいという話を聞いたことがありませんか?たいてい、そういう女の先生は女の子の間で「男好き」というレッテルを貼られ嫌われがちです。

私も学生時代そういった先生を何人か見ましたし、自分自身実感したこともあります。結局は先生も一人の女性ということなのでしょうか。もちろんそういう先生もいると思います。

私自身は先生という職業をした経験があるのですが、確かに女の私から見て男の子の生徒はかわいいと思いました。なぜなら、とても素直でまっすぐだからです。ヤンチャをして手がかかる子でも、本気で叱ると、本気で落ち込み反省するのです。幼さも男の子の方に感じることが多いのです。だから、母性本能的にもかわいいと感じてしまいました。

それに比べ、ある程度物心がつくと、女の子は口が達者になってきます。女の私が叱っても、同じくらい張り合ってきます。女同士というのを子供自身も何か感じるのでしょうか。そして男の子に比べ、大人っぽさが早く出てくるのも女の子の方です。おませな会話や行動がとても多く見られます。

そうなると、素直で幼い男の子のほうが先生はかわいいと思ってしまうのです。

もちろん、全ての先生が、全ての生徒がそうだというわけではありません。ただそういう傾向が強いような気が私はします。ただ先生である限り、女の子、男の子に明らかな違いを出す先生はどうかなと思います。自分の立場も考えた上で行動はして欲しいですね。

しかし先生として、

記念日

付き合った記念日、出会った記念日、結婚記念日。

カップルや夫婦には色々な記念日があることでしょう。記念日には何かプレゼントしたい、特別な日にしたいと思う女性は多いと思います。しかし、案外男性はそこまで記念日にこだわらないという方が多くいるようです。そんな彼の態度にイライラしたり怒ったりすることもあるかもしれません。

しかし私は記念日とは、プレゼント交換や何かするのも素敵なことかもしれませんが、何よりも相手の存在に改めて感謝する日だと思うのです。今日まで一緒にいてくれた、自分と出会ってくれた、支えてくれた、選んでくれた、そういうったことに感謝の気持ちを持つことが一番大切なのではないでしょうか。

長い間一緒にいると、隣にいることが当たり前になってしまい、そういった感謝の気持ちというものは忘れがちです。だからこそ、記念日にその気持ちを思い出すのです。そして感謝をすることによって、これからも一緒にいたい、いて欲しいという優しい気持ちになれるのではないでしょうか。

私は記念日ごとに、彼に「ありがとう」と伝えたり、メッセージカードを送ったりしています。不思議と、感謝して欲しい、ありがとうと言って欲しいなど、彼に同じものは求めないのです。自己満足とでも言うのでしょうか。色々思い出して感謝を伝えることで、自分自身がとても幸せに思えますし、優しくなれるのです。

記念日はお互いに感謝の気持ちをもつ日と思って過ごしてみると、これからの二人の関係もより良いものになるのではないかと私は思います。

モテる女の子

私の周りで、美人系やかわいい系の顔や雰囲気ではなくても、男の子にとてもモテる女の子がいます。みなさんの周りにもそういう方いらっしゃいませんか?洋服や化粧などで頑張っている部分もありますが、モテていた理由は違うところにあると思うのです。

まず何より明るくて笑顔が印象的な子です。もちろん、いつも笑顔というわけではないのですが、表情豊かな中の笑顔がダントツで素敵なのです。心から楽しんでいるような、周りまでもハッピーな気持ちにさせるような笑顔です。

そしてとても人懐っこい性格です。女の子友達に接するように、男の子との距離も近く、スキンシップをとったり、相談をもちかけたりと、人と深く付き合おうとします。

それがとても自然にできる子、そういう子がとてもモテるように思います。男の子にも、もちろん女の子にも。あまりにそれがあからさまだと、今度は女の子達から反感をかってしまう場合もありますが…。

今だからこういうことを言えますが、私も学生時代は不器用にしか男の子と接することができず、男女関係であまりいい思い出がありません。バランス良くそういったことが出来ていれば、私も素敵な恋愛ができたのかなと少し悔しく思います。しかし今は素敵な彼と出会えたので、過去もそれはそれでよかったのかなと懐かしく思います。

変わることを求めず受け入れる

男女のつきあいの中で、相手に対して「こういうところが嫌」「嫌だから治して欲しい。変わって欲しい」と思うことは多々あるでしょう。歌の歌詞にあるように育ってきた環境が違うのだから、考え方や価値観の違いというものは少なからずあると思います。

女性は彼氏に変わって欲しいと願う人が比較的多くいると思います。もちろん小さなことも含めて。そしてそれを口に出したり、行動で表す人もいます。なぜか男性よりも女性のほうが変化を求めやすい気がします。

それは女性は子供を産んで育てるからなのかなと思います。なぜなら、自分の思いを持ち色々と考え変化しながら子供を世話し、育てていくからです。その子供を育てるという感覚と、男性を変化させたいと思う感覚は似ているのかなと思うのです。

しかし相手は子供でなく、大人。変えることは比較的容易ではないと思います。もちろん彼氏のことを言ってる自分自身もそうです。

その為、男女の付き合いの中では「受け入れる」ということがとても大切なことだと思います。相手を変えようとするのではなく、または全て許してしまうのではなく、ただありのまま受け入れるということです。もちろん簡単なことではないのですが、そこは彼氏に言うのではなく、女性特有の女性同士の会話で鬱憤をはらすのも一つの手かなとも思います。

心身共に近い存在になるからこそ、対立するのではなく、お互い受け入れていきたいものですね。