感染性胃腸炎

先月、胃腸炎らしき症状が出ました。一日中、吐きまくりました。
そして悪寒が続き、筋肉痛のような痛みが全身に表れました。
最初はインフルエンザかと思ったのです。

夜中はさらにうなされました。
とにかくこの筋肉痛症状が苦しくて仕方がないのです。
痛くて眠れません。

翌朝には全身の痛みもなくなりましたが、胃腸の不快感はまだありました。
これはもしや、ノロウィルスかもしれないと思いました。

思い当たる節があります、先日牡蠣を食べたのです。

生食用の牡蠣をしっかりと火を通して食べたのですが、
牡蠣にはノロウィルスが凝縮されていると聞きます。

身体の症状が軽くなったので結局病院には行きませんでしたが
ネットで調べてみると、牡蠣のノロウィルスにあたった方たちの
症状とまるで一緒でした。

数日間は胃に優しいものを食べて過ごしましたが、
今思えば子供に移らなくてよかったなあと思います。

ノロウィルスにはアルコール消毒も聞きませんし、
ウィルスの型も多いので一度感染してもその後も何度も感染すると言います。
これはもう手洗いを徹底してとにかく感染しないに限りますよね。
あの症状はもう経験したくありません。

年をとると恋愛の距離感が良くなる?

今日はクリスマスですが、社会人の多くは仕事ですよね(^_^;)
学生時代は呑気に彼氏とのデートを楽しみにしていた私でも、
社会人になってからは、クリスマスのイベントが
そんなに重要では感じなくなってしまいました。
恋人たちのイベントって言われていますが、働いていると、
そういう気持ちもどっかに行ってしまいがちです。

でも、女性だったら、やっぱりクリスマスは彼氏と過ごしたいって言う人が多いと思います。
彼氏がいない時に、女友達と一緒にディズニーランドに行ったことがありますが、
めちゃくちゃカップルだらけで・・・(^_^;)
なんか微妙な気持ちになったことがありました。
やはりクリスマスシーズンはディズニーランドもカップルが多いな~と思いました。
女子で過ごすならば、家でパーティーとかをした方が良かったかなと思ったり。
クリスマスにはみんな色々な過ごし方があるので、悩みますよね。
クリスマスをきっかけに恋人の存在を考えることがよくありました。

中には恋人がいても、仕事の都合などで会えない人もいますからね。
大人になってくると、クリスマスに必ず会えるものではなくなってくるし
学生の頃とはちょっと違った感じになってきますよね。
女性も昔よりも恋人とべったり依存している人が減ってくるので
恋人との距離が上手く保てるようになるもんだなと思いました。

産後の仕事復帰で浦島太郎状態

先日、私の友達が産後に仕事復帰したそうです。
「これから仕事を頑張るぞ!」って思って復帰したようなんですが・・・。
どうも自分がいない間に、周りの人間にちょっと異変が起きたそうです。

仲の良かった同期が出世をしていたり、他の部へ配属されていたりして
浦島太郎のようなポツンとした状態になっていたそうです。
仕方ないと最初は割り切っていたそうですが、たかが1年ですが
社会人の1年というのは、ブランクがあるととても大きいと感じたそうです。

友達が務めているのは、特に大手企業だったので、人の入れ替わりも激しいし
成果主義で出来る人間はどんどんと昇格をしていくので
特に復帰後の居場所を見つけるのが大変だと言っていました。
就職をする時には、「女性も育休を取って復帰しやすい」と聞いていたので安心したけど、
実際には、確かに育休も取りやすくて復帰したけど
何かがぽっかり空いてしまったと言っています。

まだもうちょっと頑張ってみると言っていましたが
このまま産後の居場所が見つからないようだったら、
転職も視野にいれようかと真剣に悩んでいるようです。
それくらい職場の環境って重要ですよね。
自分の居場所を会社で見つけられなかったら、みなさんはどうしますか?

自粛してほしいような。

女性が結婚相手に求めることはやっぱり優しさなのではないでしょうか。

子供が生まれたばかりの元同僚で仲の良かった男性が、
先日、早速、飲み会に参加していました。
私の元に今飲んでまーすと写メが送られてきたのです。
飲み会相手は私もよく知る取引先の仲良い人達。
接待と言えばそれもいたしかたないかな、と思いましたけど、
もしも自分の旦那さんが産後まもない私と子供を残し
飲み会に出かけてしまったら、私はかなり頭にくるかもしれません。

産後はまず、慢性的な寝不足と疲労、子育てへの緊張、そして産後クライシス。
体も心も自分でコントロールできないほどに負担を強いられます。
沐浴のひとつでも、おむつ替えのひとつでもしてほしいのです。

泣いたらあやしてほしいのです。
授乳して次の授乳が始まるまでのたかだか2時間だけでもしっかりと寝ておきたいのです。

そんな中、接待といえども飲み会に出かけられたら、産後クライシスの愛情不足もプラスして
離婚を考えるかもしれません。

主人は飲み会には出かけることはありませんでしたが、
相変わらず残業続きでそれだけでもやっぱり私はイライラしていました。

産後はほんと心も体もボロボロになります。
子供の存在だけが自分を生かしてくれてるように思いました。

主婦はお正月も休みなし!

よくお正月は「楽だ」とか「暇」とか聞きますが・・・。
正月こそ主婦にとって面倒な時期はありません!

旦那さんも子供もみんな集まっているので
食事の支度がいつもよりも面倒で、すごく忙しかったりします!
子供が家にいると散らかりますし、お正月の準備で
我が家はお節は手作りしているので用意も大変だし。

お節は飽きるのが分かりきっているので、ご飯も作りますし
良く食べる主人に合わせてお雑煮も何回も作るし(^_^;)
女性はあんまり寝正月をしている暇はないと思います。

こういう時に、独身時代は良かったな~と思います。
好きなだけ寝てられるし、食事だって手抜きをすることができますからね。
結婚して家族を持つと、なかなか食事で手抜きが出来ないので
面倒だな~と思ったりします。
でも、最近はレストランがお正月でもやっている所が増えてきたので
外食に行ったりすることもありますね。

それでも家でお正月期間の間
せっせと食事の準備に追われてしまうのが大変だな~と思います。
実は主人も子供も外出している
平日こそが主婦にとっては一番楽な時なのかもしれませんね。
家族全員が揃うのは嬉しいけど
やっぱり食事の準備がずっといると大変だな~って思っちゃいますね。

お正月の旦那の実家への挨拶

既婚女性の場合、年始年末は忙しい人が多いと思います。
中でもよく憂鬱だと言われているのがご主人の実家へのご挨拶だと思います。
私の場合、主人の実家が非常にオープンで、大家族だったためか
とても気さくな家だったので、最初は躊躇いましたが、今では気軽に行けるようになりました!
主人の姉妹と一緒にキッチンに入ってお手伝いをしていたりします(^_^;)

それでもお正月に主人の実家に行くのはやはり面倒というか
気疲れしてしまうので憂鬱なものですね。
特に私の場合は、主人が家に早く帰りたがるので
日帰りでいいのですが、泊まりの場合がすごく大変だと思います!
泊まりだとずっと緊張状態ですからね~(^_^;)

特にお姑さんと上手くいっていない人は、たかが1日かもしれませんが
すごく気苦労が多いと思います。
こういう気持ちをよく理解してくれるような旦那さんだったらいいですが
あんまりわからない人だと、女性は大変ですよね。

いくら結婚しても、何年経っても、主人の実家というには
やっぱり他人様というのが、心の中にはありますね。
自分の実家とは違うものだと思います。
でも、お正月の挨拶くらいは、やはりした方がいいなとも思うので
そこは複雑な気持ちですよね(^_^;)
私も今からちょっと憂鬱です。

お正月の福袋に群がる女性

私はあんまり興味がないけど、女性はお正月になると、福袋を大量に買う子がいますよね。
特に人気のファッションブランドの福袋とかのために、
朝早くから並んでいる人のニュースを見ると、「すごいな~」と思ってしまいます。
女性のショッピングは壮絶ですよね~(^_^;)

私は絶対に飛び込んでいけませんが、やっぱり若い子とかは欲しいんでしょうね。
この頃の福袋は、『見える福袋』が主流らしいですが
そんなんだったら自分で好きな洋服だけ買った方がいいのにな~なんて思ってしまいます。
ここ数年は、女性の福袋争いのニュースを見ると、新年だな~と思うようになりました。
朝から福袋のために寒い中ならんでいるんですから、すごいですよね。

みんなで奪い合いの福袋を見ていると
男性はこういうのをどういう気持ちで見ているんだろう・・・と思ったり。
付き添いで来ている男性陣は、大変だな~と思いました。
でも、女性って買い物でストレスを発散するような所があるので
これはこれでいいのかもしれませんね。
新年の恒例行事のようになっているので、福袋もたまには買ってみようかなと思いました。
今は洋服とかカバンだけではなく、体験物とか旅行とか
本当に色々な福袋が出ていて面白いですね。

一年で一番恋人が欲しくなる時期

クリスマス直前になると、独身の人は恋人が欲しいと思う人が多くなる時期ですよね。
私も独身時代は、特に普段は恋人がいなくても良いけど
クリスマスやお正月が近づくと、なんか恋人が欲しいな~と思うようになりました。
12月って恋人が欲しくなるイベントが多いですよね。

私の友達には、「クリスマスを女性と過ごすのは嫌!」っていう子がいて
クリスマスの時期だけ彼氏を作るっていう、器用な子がいました。
クリスマスまでは仲良くして、終わるとすぐにわかれてしまうんですよね。
そんな器用なことが出来る友達がうらやましいと思ったけど
そういう付き合いだとなかなか結婚は上手くいかない部分もありますよね。

今はクリスマスに女子会を開けば、特に恋人はいらないっていう人もいますけどね。
でも、そういう女子会で集まっていたメンバーの中で
恋人が出来て卒業者が出てくると、やっぱり焦るものですよね(^_^;)
独身の友達が多い子はいいけど
いつまでも全員が独身だっていうのはわからないですからね。

女子会から卒業者が出ていくのが多くなると
やっぱり自分も抜けようとする気持ちが出て来るし。
最後まで残ってしまうと寂しいですよね。
クリスマスの時期って、そういうことを考えてしまうので
恋人なしの独身にはちょっと切ない時期ですね。

夢にまで出てくる・・・

どうしても異性として好きになれない人がいます。
いろいろと親切にしてもらえるのですが、この人と性的関係を絶対に持ちたくない、
と体をこわばらせながら接してしまう自分がいます。

女性にはそういうどうしても苦手なタイプっていませんか。

私は元同僚がそうでした。仕事終わりに送ってくれたり、
いろいろごちそうしてくれたり、飲みの席では口説かれたことも何度かありました。
筋肉質でセクシーな体つきではありますが、
この人に触れられるのも見つめられるのも、ぞっとしました。

本当は好きなのかな?と自分の気持ちを整理しながらいろいろ考えましたが、
やっぱりだめなんです。

先日、その彼が夢に出てきました。私がベッドで寝ようとしている時に、
彼がたまたま寝室に入ってくるのです。あ、いやだ。私がここにいる事バレたくない。
と、隠れるのですが彼は私に気付き近づいてきました。
「近寄らないでー」と叫び、そのまま目覚めてしまうほどでした。

人としては全然嫌いじゃなく、むしろいい人なので好きではあります。
なのにどうしてこんなに気持ち悪く感じてしまうのでしょうか。
私の本能的な部分が彼をすごく拒絶しているような気がします。

地震の恐怖

私は東日本大震災を経験してから、飛行機の音や車のエンジン音、
風の音でさえも体がびくっと反応してしまうようになりました。

小さい頃から自然災害には強い恐怖を抱いていて、
特に地震は怖くてしょうがありませんでした。

これからの日本は、地震が活発化するとの専門家の意見もあり、
またあのような地震が起こるかと思うと気持ちが沈んでしまいます。

実際に地震が起きた時も私の心臓はバクバクして、すごい恐怖に襲われます。
これ以上強くなったらどうしよう、どうしたらいいんだろう、と心はかなりのパニック状態ですが、
ガスの火を消したり子供を抱きかかえたりといった冷静な行動はきちんとできています。

PTSDなのでしょうか。

大人の私でもこういう恐怖に襲われるのだから、東日本大震災を体験した
小さな子供たちはもっと怖い思いをしていますよね、きっと。
そう思うとかわいそうでなりません。

自然災害は仕方のないことですが、二次災害やライフラインの復旧、
避難所での生活など、いろいろな課題があるなぁと思いました。

幼児食ピンチ

1歳を過ぎたあたりから途端に、子供の好き嫌いが激しくなりました。
お野菜やお肉などは特に口をつぐんで食べようとしません。
なんとか口に含んでくれてもすぐにバァ~と吐き出します。

こんな食事が数日間続いていて、いよいよ私もイライラしてきました。

もう食べなくていい!と言いたくなるけど、そうはいきません。
栄養素をバランス良く摂取してどんどん成長してもらわないと困ります。

でも子供は白いご飯しか食べません。
ケチャップご飯やたまごご飯もだめ、首を横にふったり、
手ではらいのけたりして決して食べようとしません。

昨夜もせっかく、手の込んだ幼児食を作ったのに一切食べなかったのです。

仕方がないのでパンに少しのバターをつけたものとバナナを差し出してみたら、
それは食べていました。

1歳を過ぎてから、私が食べているお菓子を食べたそうに見ていたり、
あーんと口を出してくるので、ついついあげてしまいます。
きっとこれがいけないのかもしれないですね。

ずっと白いご飯やパンだけを食べさせるわけにはいかないし、
今夜の夕食はなんとか納豆ごはんを食べさせたいと思っていますが。

幼児食でこんなに悩むとは思ってもいませんでした。

子供を産むと女は強くなるというけど・・・

私は小さい頃に、「なんで子供を生むのが女性の役目なの?!」と思ったことがります。
体の構造上の問題はともかく、生まれた時点で、女性は将来
子供を産む方に決まってしまっているので、すごく損をした気分になってしまいました。
そして自分が妊娠をして、実際に子供を産んでみると、やっぱり女性は大変だって思いました。
でも、『損』だとは思わなくなりました。

子供と一緒の体で過ごす数か月。
体調不良できついこともたくさんあったけど、そういう経験が今になっては
すごく尊い経験として感じられるのです。
人生たった数か月の経験です。
でも、子供がいるから強くなれた気もするのです。
子供って不思議な存在です。
これまで特に取柄もなく、別に家庭的でもなかったのに
子供のために必死に強くなろうと、守ろうとする自分がいるのです。

『私ってこんな真面目な人間だったっけ?』って感じるくらい
子供の為に良き母であろうと思う自分がいました。
独身時代の方が自由でオシャレも出来ましたが
自由がなくなっても今の自分の方が好きだと思うのです。
こういう気持ちって、きっと子供を産まなかったら芽生えなかったのかなと思います。
子供を産んでからの自分の方が、本当の意味で強くなったような気がします。

成長ホルモン時間

生理が来ません。この一か月、ずっと低体温でした。
まだ授乳中だからなのか、ホルモンが安定していないのでしょうか。

プチ更年期と呼ばれる年齢なので、このまま生理が来なかったからどうしようと
不安になってしまいました。

以前は生理が遅れたり来なかったりなのはストレスが原因だと思うよと
婦人科で言われたことがありました。
確かに心身ともにキツい職場に勤めていたので、その理由は腑に落ちました。

しかし今現在、働いていない私の生理が遅れるのはいったい何が原因なのでしょうか。

育児ストレス?
私は育児に関してあまりストレスを感じていないし、主人に対しても。
と実は思い込んでるだけだったりして。

実は最近、深夜遅くまで起きてしまっています。
午後10時~深夜2時までが成長ホルモンが一番分泌される時間帯と言われていますが、
まさにこの時間帯に私は起きてしまっているのです。
しかも何をしているかと言えば、ネットやケイタイです。
毎日のニュースやお気に入りのブログなどを見ているのです。
このせいでますます自律神経が優位に働き眠れないくなります。

これが原因かもしれないですね。今日から早寝してみます。

いつまでも一緒じゃないさみしさ

高校卒業と同時に、一緒に上京した友達がとうとう結婚することになりました。
いち早く私に報告してくれて、私は彼女の結婚を心から祝福しました。

その結婚する友達の他にも、一緒に上京してきた仲良し仲間が数人います。
彼女らはまだ独身です。
そのせいか、友達の結婚に関して、なんだか微妙な反応なのです。

女性ってそういう部分がありますよね。

もちろん私にもあります。

私も子供が欲しいと思ってから1年間はできませんでした。
その間に友人の妊娠報告や出産報告を聞くと、
もちろん嬉しいことは嬉しいのですが、
自分はなぜ妊娠できないのだろう、と悲しくなって、
泣いてしまったこともありました。

友人への嫉妬や妬みと言う感情ではないのです決して。
自分の不甲斐なさに悲しくなってしまうのです。
本当は誰かと比べること自体、おかしい話なのはわかっているのだけど。

女友達というのは、小さい頃からお揃いの洋服や文房具を持つことで
仲の良さを確認しあう節がありますよね。
まるで姉妹や双子のように仲良い女友達もいます。

そのせいか、大人になってそれぞれの人生を歩んでいくこと、
そこに自分がいないってことに、少しだけさみしく感じちゃいますね。

女友達3人組

私は高校時代に出会った2人の友達と親友になり、もう10年以上も経ちます。3人という人数で仲良くするのは、時に難しいことがあります。

例えば遊園地に行ったとき、乗り物に乗るときに誰かがたいてい1人になってしまいます。お茶やご飯に行っても、2人が隣同士、1人は向かい側という風になります。

しかし、なんだかんだ仲良く上手く3人の輪を楽しんで付き合っています。きっとこれからも3人組として親友の輪は途切れないでしょう。

しかし困ったことに私はとてもヤキモチやきなのです。私以外の2人はあまり気にするタイプではありませんが、私は男性に対しても女性に対してもヤキモチをやいてしまいます。ですから、2人が遊んだという事を知ると、モヤモヤがとまらないのです。

といっても、私もその親友の1人と2人で遊ぶことももちろんあるのです。ワガママなのはわかっているのですが、いざ自分以外で遊ぶと知るといてもたってもいられないくらいヤキモチをやいてしまいます。情けないのですが。。。私のような女性も他にもいるのではないでしょうか?

しかしさすがに大人になってくるとそういった子供っぽい感情を表向きには出来ません。だから必死と耐えてみたり、他の友達と遊んで気を紛らわせたりしているのです。女性付き合いが難しいのか、私が人付き合いが下手なのかは分かりませんが。

女性同士の付き合い、これからも色々と苦労しそうですが、気持ちを紛らわせながら永く付き合っていきたいと思っています。

ハイヒールをもっと履いておくべきだった

ハイヒールって、女性らしくてすごくカッコいいファンションアイテムですよね。
履くと身長が高く見えるのでスタイルもよく見えるし!
でも、ハイヒールって、慣れるまでが地獄だと思いませんか?
ずっとそれまでヒールの低い靴を履いていた私にはもう辛かったな~(T_T)
色々皮が剥けたし、爪先も土踏まずもいたくなるし。
よく水の上を優雅に泳ぐ白鳥も、実は水面では必死にもがいているという話を
聞いたことがありますが、まさにそんな感じです。

美しく見せるには努力が必要なんですね。
ハイヒールでこんな苦しい思いをするとは思いませんでした!

しかもハイヒールって、ヒールの部分が細いと、歩いている時に、
地面の鉄格子にハマったり、躓いたりで、危険なんですよね。
いつもよりもフラフラしないで歩くことが重要だなと思いました。

ハイヒールを履いている女性を見ていると、『頑張ってるな~』と思ってしまいます。
私は今では数センチくらいの高さのハイヒールしか履かなくなってしまいました。
でも、子供を産んでからは、ハイヒール何て履けなくなってしまうので
今思ってみれば、もっと履いておけば良かったな~と思いました。
独身時代に履いておかないと、育児中とはハイヒールって履けないので
勿体なかったな~と思いました。

生理痛に緩和にカイロ

生理の時って、ねむくなります。
こういう時期って、どうしても仕事でもミスが多くなってしまいます。
眠気ってどうしても抗えないものですよね。
しかも下腹部も痛いし、眠いし。
女性なら一度は体験する道ですよね。

特に生理中に腰を冷やすと、ものすごく体調がだるくて・・・。
横になりたくなってしまうけど、会社で横になれる場所なんてほとんどないですよね。
そんな時に、結構役に立つのがカイロ。

腰やお腹の辺りをカイロで温めると、若干だけど痛みが緩和します。
生理中ってあんまり湯船に入りたくない人もいると思いますが、
私は湯船につかると生理痛が楽になるので、いつも入っています。
お風呂で腰を温めると楽になるのをヒントに、手軽に温められるカイロを使ってみたら、
意外にこれが私には効果がありました。

生理痛で下半身を冷やして痛みを感じる人は、カイロを使ってみてもいいと思います。
夏はさすがに暑くて使えませんが、冬は防寒にもなるので意外にいいですよ!
今の時期しか使えないのが残念ですが、なかなかいいと思いますよ!
カイロは安く売っているし、職場なんかで使っていても
生理痛の緩和で使っているとはばれませんしおススメです♪
家はいいけど、外での生理痛は憂鬱ですね。

予期不安

精神障害の一つに予期不安というものがあるそうです。

仕事をしていた頃は、よく上司に「最悪の状態を想定しながら仕事をしなさい」
と耳にたこができるまで言われていましたし、
それでもミスをすると数日間~数か月も責められました。

それらがトラウマになったのかわかりませんが、
今でも何かをする時には、でも待てよ、と必ず最悪の状態を想定してしまいます。
時にはその悪い思いにとらわれてしまう時もあります。

この症状、悪化するとかなりやばいですよね。
きっとなにも出来なくなってしまいます。

そしてこの予期不安、実際、本当に取り越し苦労でしかありません。
現実は私の最悪の想定とは全くかけ離れたものです。
何事も私が想定したような出来事にはなりません。
そもそも、そんなに失敗するような確率でないものにも不安を感じてしまうのです。
主人に「不安にならない?」と聞いても全くそんなことないようで、
これは明らかに私の心の問題なのだろうと思いました。

精神疾患のほとんどは幼少期時代の心の抑圧が関連していると言います。
私は家族を愛していますが、この疾患の原因は間違いなく家族にありそうです。

一目惚れよりも第一印象?

私は一目惚れをしたことはおそらく無いと思います。雰囲気だけで好きになった事はありますが、よく漫画でみるようなピンときた感覚も無かったですし、雰囲気だけでも好きと感じるまでは少し時間がかかりました。

しかし一目惚れが本当にあるのかは分かりませんが、第一印象というものはとても大事だなと思います。第一印象が良ければ、相手の事をもっと知りたいと思うので、その後が進みやすくなると思うからです。

決してかわいい顔、綺麗な顔だけではないと思うのです。上記にも書きましたが、私はほとんどの場合が相手の雰囲気でとても惹かれます。その雰囲気がどんなものなのか説明するのは難しいのですが…その人自身が持っている元々の温かさや優しさとでもいいましょうか。もちろん、全て分かるわけではありませんが、元々持っているものは結構、自然とその人から出ているような気もします。

また、全く気にしていない人よりかは、服装や化粧、髪型などおしゃれに気を遣っている方も素敵だと思います。度合いにもよりますが、第一印象がよくなる一歩を踏み出せているのではないのでしょうか。

世の中には運命的な一目惚れもあるようですが、私は結局一目惚れをしないままの人生となりそうです。しかし第一印象の雰囲気で惹かれた彼と、今は幸せに過ごしているのでこれで良かったなと思います。

私なりの男の子の落とし方

小さいことなんだけど、私なりの男の子の落とし方っていうのがあるんです!
偉そうなことは言えないんですが、そこそこ普通の私でも
これで今まで好きな人と付き合ってこれたので
意外に自分には自信のあるアピールの仕方なんです♪

それは、好きな男性に「好き」とは言わず「タイプなんです」っていうこと。
「好き」って言うのは、最終的に相手に言わせるようにします(^_^;)

自分もそうだけど、あんまり興味のない人から
突然「好き」って言われても・・・なんかピンとこないですよね。
そして、何よりも「好き」って言われたら
返事をしないといけないような気分になりませんか?
下手したらその場で「ごめん」ってすぐに振られてしまいます。

でも、「タイプです」っていうと、なんとなく好意は伝わるけど
すぐに返事を求められている感じがしないので、答えを出さない人がほとんどです。
どんな人でも、よほど生理的に無理な人は抜かして
「タイプです」って言われて悪い気はしないと思うのです。
そこから友達としてワイワイ楽しくやっているうちに
相手が自分を好きになってくれているケースが多かったです。
好意ってあんまり伝えなさ過ぎてもダメだけど
ストレートすぎても上手く行かないな~と思ったりしますね。
自分でも変に強かな所があり過ぎて、よく嫌な奴って思っちゃいます(^_^;)

結婚資金の貯め方

結婚を本気で考えるようになると、お互い貯金の仕方を考えていきますよね。その時に、二人で口座を作って、そこに結婚資金を貯めていくカップルがいます。一つの目標に向かって二人で貯めていくことが幸せに感じたり、きちんとお互い貯めているか分かり合えるから、などの理由で口座を作るようです。

私も結婚話を本気で考え始めた頃、彼に結婚の為のお金を貯める口座を一緒に作らないかと持ちかけられました。しかし私は断りました。その理由を説明すると彼は理解してくれたので、私達は別々でお金を貯めています。

私が断った理由ですが、決して彼を信じていないわけではないのですが、まだ夫婦ではない二人がお金を共有するのはどうかなと思ったからです。例えばこの先、お互いが嫌いになってしまい、別れることになったとします。その時、どちらかがどれだけ貯めたのか、きちんと把握できて清算できればいいのですが、あやふやになっていると揉める原因になってしまう可能性も出てきます。ラブラブな時代はあやふやになっていようと、気にすることなどないと思いますが。だからこそ何かあった時、嫌な思いをするのではないかと思うのです。

私は彼を愛しています。だからこそ、もし何かあった時にお金の事でお互いを嫌に思ったり傷つけあったりしたくないという気持ちが強いのです。同じ口座を作らなくても、お互い本気で結婚を考えていれば、お互いが管理しなくても、それぞれできちんと貯金は出来ると思うのです。

お金のことで彼と揉めた友達は多くいます。それはたいてい別れた時です。だからこそなるべくそういった事がないように、これからも心がけていきたいなと私は思います。

 

悪口が必ず伝わる不思議

どこの職場にも人の悪口を言うのが好きな人っていますよね。
そういう人に限って、ほんと善人のような外見なのです。
何かあるたびに声をかけてきてくれ、悩みを聞いてくれるような優しさを見せます。

そこで少しだけ愚痴ってしまう私もバカですが、
私が言ったちょっとした愚痴がいつのまにか悪口として広まってしまう、
という事が何度もありましたよ。

会社内で、例えば管理職や上司などの悪口を言うのは、
同僚同士が仲良くなったりするきっかけにもなるので、一概に悪いとは言えません。

しかし、同僚同士の悪口はできれば避けたいですよね。
私は言わないようにしていますが、どうしても同僚の仕事上のミスやトラブルが続くと、
それに関してちょっとぼやきたくもなります。

そういう時に限って、その悪口大好き同僚が近寄ってくるのです。
私の顔色をうかがいながらどういういきさつで仕事をミスったのか、
誰が悪かったのか(ヒューマンエラーはしょうがないのですが)を聞き出すのです。
私は話を聞いてもらえてちょっと嬉しいし、親身になってくれているのだな、
と毎回感じるのですが、その話がそのまんまというかそれ以上の尾ひれをつけて、
本人に伝わっていて、あとで別の同僚からつっこまれます。

悪口大好き同僚はいったい何がしたいのか全くわかりません。

女の先生は男の生徒が好き?

よく女の先生が男の子には優しくて、女の子には厳しいという話を聞いたことがありませんか?たいてい、そういう女の先生は女の子の間で「男好き」というレッテルを貼られ嫌われがちです。

私も学生時代そういった先生を何人か見ましたし、自分自身実感したこともあります。結局は先生も一人の女性ということなのでしょうか。もちろんそういう先生もいると思います。

私自身は先生という職業をした経験があるのですが、確かに女の私から見て男の子の生徒はかわいいと思いました。なぜなら、とても素直でまっすぐだからです。ヤンチャをして手がかかる子でも、本気で叱ると、本気で落ち込み反省するのです。幼さも男の子の方に感じることが多いのです。だから、母性本能的にもかわいいと感じてしまいました。

それに比べ、ある程度物心がつくと、女の子は口が達者になってきます。女の私が叱っても、同じくらい張り合ってきます。女同士というのを子供自身も何か感じるのでしょうか。そして男の子に比べ、大人っぽさが早く出てくるのも女の子の方です。おませな会話や行動がとても多く見られます。

そうなると、素直で幼い男の子のほうが先生はかわいいと思ってしまうのです。

もちろん、全ての先生が、全ての生徒がそうだというわけではありません。ただそういう傾向が強いような気が私はします。ただ先生である限り、女の子、男の子に明らかな違いを出す先生はどうかなと思います。自分の立場も考えた上で行動はして欲しいですね。

しかし先生として、

記念日

付き合った記念日、出会った記念日、結婚記念日。

カップルや夫婦には色々な記念日があることでしょう。記念日には何かプレゼントしたい、特別な日にしたいと思う女性は多いと思います。しかし、案外男性はそこまで記念日にこだわらないという方が多くいるようです。そんな彼の態度にイライラしたり怒ったりすることもあるかもしれません。

しかし私は記念日とは、プレゼント交換や何かするのも素敵なことかもしれませんが、何よりも相手の存在に改めて感謝する日だと思うのです。今日まで一緒にいてくれた、自分と出会ってくれた、支えてくれた、選んでくれた、そういうったことに感謝の気持ちを持つことが一番大切なのではないでしょうか。

長い間一緒にいると、隣にいることが当たり前になってしまい、そういった感謝の気持ちというものは忘れがちです。だからこそ、記念日にその気持ちを思い出すのです。そして感謝をすることによって、これからも一緒にいたい、いて欲しいという優しい気持ちになれるのではないでしょうか。

私は記念日ごとに、彼に「ありがとう」と伝えたり、メッセージカードを送ったりしています。不思議と、感謝して欲しい、ありがとうと言って欲しいなど、彼に同じものは求めないのです。自己満足とでも言うのでしょうか。色々思い出して感謝を伝えることで、自分自身がとても幸せに思えますし、優しくなれるのです。

記念日はお互いに感謝の気持ちをもつ日と思って過ごしてみると、これからの二人の関係もより良いものになるのではないかと私は思います。

モテる女の子

私の周りで、美人系やかわいい系の顔や雰囲気ではなくても、男の子にとてもモテる女の子がいます。みなさんの周りにもそういう方いらっしゃいませんか?洋服や化粧などで頑張っている部分もありますが、モテていた理由は違うところにあると思うのです。

まず何より明るくて笑顔が印象的な子です。もちろん、いつも笑顔というわけではないのですが、表情豊かな中の笑顔がダントツで素敵なのです。心から楽しんでいるような、周りまでもハッピーな気持ちにさせるような笑顔です。

そしてとても人懐っこい性格です。女の子友達に接するように、男の子との距離も近く、スキンシップをとったり、相談をもちかけたりと、人と深く付き合おうとします。

それがとても自然にできる子、そういう子がとてもモテるように思います。男の子にも、もちろん女の子にも。あまりにそれがあからさまだと、今度は女の子達から反感をかってしまう場合もありますが…。

今だからこういうことを言えますが、私も学生時代は不器用にしか男の子と接することができず、男女関係であまりいい思い出がありません。バランス良くそういったことが出来ていれば、私も素敵な恋愛ができたのかなと少し悔しく思います。しかし今は素敵な彼と出会えたので、過去もそれはそれでよかったのかなと懐かしく思います。

裏腹すぎて

ブログを通じてできたママ友がいます。
比較的近い場所に住んでいるので、一緒に児童館へ行ったりイベントに行ったりと
そういうことができるのかなとそれとなく期待していたのですが。

以前、他のママ友も交えて彼女とランチをしたことがありました。
私としては彼女はとても気さくで、しっかりしている感じがして
好感が持てました。

でもある日、彼女はブログの限定公開記事に私のことを書いたようです。
共通のママ友から聞きました。

実は私は、育児ブログの他にリア友だけと交流していた別のブログも持っていました。
これは本当に仲の良い人にしか教えてなかったし、
子育てに関するつぶやきはこちらではしていませんでした。
どうやら私が別ブログを彼女に教えてないことがいけなかったのか、
私が冷たい、というような記事を書いたようです。

でもまださほど仲良くなっていないのに、そんなことを書かれるなんて心外でした。
それに、私に対して言いたいことがあるなら直接メールをくれればいいのに、とも思いました。

なんだか悲しい気分になって私は彼女との交流の一切を断ちましたし、
ブログも辞めて違うサイトのブログを始めています。

フランクすぎる婚約

以前お付き合いしていた男性からプロポーズをされたことがあります。
指輪やプレゼントなど何もありません。
貧乏だった学生時代に一緒に暮らしていた男性でした。

毎晩、結婚しようねと言われていて、私はすっかりそのつもりでした。

でも、その彼氏は突然失踪してしまったのです。
意味がわかりませんでした。
携帯電話もつながりません。
最初のうちはピーピーと話し中の状態でしたが、
それからすぐ使われていませんというアナウンスになってしまいました。

だけど、私は結婚しようねという言葉を信じ、
彼氏がどこでなにをしているかも全く知らないのに、
とにかく彼を信じていました。

半年ぐらい経って、彼氏の両親から私宛に電話がありました。
彼が帰ってきているよと。
帰ってきているよの意味もわからなかったのですが、
どうやら学校には行かず遠方に働きに出ていたようです。

しかも働き先は、ホストクラブだったのです。

それでも私は会えることが嬉しくて会いに行ったのですが、
彼氏には新しい彼女ができていました。

どうして男性は、する気がないのに、結婚しようなどという言葉を
平気で発するのでしょうか。

変わることを求めず受け入れる

男女のつきあいの中で、相手に対して「こういうところが嫌」「嫌だから治して欲しい。変わって欲しい」と思うことは多々あるでしょう。歌の歌詞にあるように育ってきた環境が違うのだから、考え方や価値観の違いというものは少なからずあると思います。

女性は彼氏に変わって欲しいと願う人が比較的多くいると思います。もちろん小さなことも含めて。そしてそれを口に出したり、行動で表す人もいます。なぜか男性よりも女性のほうが変化を求めやすい気がします。

それは女性は子供を産んで育てるからなのかなと思います。なぜなら、自分の思いを持ち色々と考え変化しながら子供を世話し、育てていくからです。その子供を育てるという感覚と、男性を変化させたいと思う感覚は似ているのかなと思うのです。

しかし相手は子供でなく、大人。変えることは比較的容易ではないと思います。もちろん彼氏のことを言ってる自分自身もそうです。

その為、男女の付き合いの中では「受け入れる」ということがとても大切なことだと思います。相手を変えようとするのではなく、または全て許してしまうのではなく、ただありのまま受け入れるということです。もちろん簡単なことではないのですが、そこは彼氏に言うのではなく、女性特有の女性同士の会話で鬱憤をはらすのも一つの手かなとも思います。

心身共に近い存在になるからこそ、対立するのではなく、お互い受け入れていきたいものですね。

一組の親子を想うと。

私は自分の子供を未就園クラブや子育てクラブなどに通わせています。
まだ一人っ子なので、お兄ちゃんお姉ちゃんや同世代の子たちと
できるだけ関わってほしいと思っているからです。
ですが、叩かれたり喧嘩したり、見ていてハラハラドキドキすることは確かですね。

ママ同士も比較的仲が良いのですが、人数が多いので、
今はグループが真っ二つに分かれてしまいます。

それでも、クラブのみんなで、共用のキッズスペースでご飯を食べたり、
情報交換をして楽しく過ごしていますが、ある日、
一組の親子が共用場所であるキッズスペースに入ってきました。
クラブの子ではありません。

その時、私はその親子に挨拶をしたのですが、ほかのママさんたちはお話に夢中。
すると親子は中にまで入らず、出て行ってしまいました。
私のその後用事があったのですぐに帰る用事があって、キッズスペースを出ました。
そしたら、ロビーのベンチに先ほどの親子が座って、ご飯を食べていたのです。

この親子は本当は、キッズスペースにご飯を食べに来たんだとその時気づきました。

でも、私たちが集団で騒いでいるので、入れずこうして寒いロビーで
食べるはめになっているのではないか、とそう考えてしまいました。

すごく申し訳ない気持ちになってしまいました。

子供と離れる時間を持つ大切さ

赤ちゃんにはお母さんの抱っこ、おっぱいは生きていく上で愛を知る上で大切な必需品です。そして少し大きくなるとお母さんが分かるようになると、お母さんが近くにいないことが不安になりお母さんにべったりになる時期があります。

母親としては必要とされる嬉しさも、子供がお母さんと理解してくれる嬉しさも感じる、とても幸福なときです。しかし、それも毎日、一日中続けばお母さん自身も疲れを感じてきます。決して愛してないわけではない、しかし一人の時間も欲しいと思う時期が出てきます。

そんな時は思い切って、親に預けたり、旦那様や友人に頼って、一人の時間を持ってみましょう。それが無理なら短時間託児をしてくれるところを利用してみましょう。子供は泣いて嫌がるかもしれません。でも、勇気を持って離れることも大切なことです。お母さんの体と心、そして子供の為でもあると思うのです。

1時間でもいいのです。自分一人のゆったりな時間を好きな時間を過ごすと、心がとても楽になります。そうすると、ずっと一緒にいた時以上に、子供へ大きな愛情を与えることができます。離れることでその気持ちは一層強くなるからです。

自分は冷たいのではないか…こんなに子供は嫌がっているのに…と自分を責めて、なかなか一人の時間を持てないお母さんも多いようですが、そういう方は鬱になりやすく、育児に疲れ果ててしまうことも少なくないのです。是非勇気を出してみて下さい。決して悪いことではないのです。お母さんだって一人の女性、人間なのです。

気持ちをゆったりもつ時間があれば、お母さんと子供の絆ももっともっと強くなっていくと思いますよ。