トイレトレーニングは誰の役目?

周りのお友達の子供はぞくぞくとトイレでオシッコやうんちをできるようになっています。うちの子供はまだできません。オマルはいち早く買ったのですが、いまだにオマルでおしっこはしたことがありませんし、トイレではもちろんしません。トレーニングパンツも履かせてみたのですが、おしっこもれて不快感なはずなのに、気にしないで遊んでいます。パンツなしで過ごした時も平気でおしっこします。

やみくもに怒ってしまうのも可哀そうだし、どのようにトイレトレーニングをすればいいのかわかりません。かなり悩んでいます。先日保育所に通わせているお友達にトイレトレーニングどうしてる?と相談したら、「え?知らない、保育所でやってくれてるから、全部お任せよ~」と言っていました。

そういえば、トイレが完了している子供たちはみな保育所通いの子ばかりです。私は保育所でトイレのしつけもしているなんて知りませんでした。自分は毎日試行錯誤してトレーニングをしているというのに、なんとも言えない気持ちになりました。

 

産後のセックスレスは仕方ない?

産後のセックスレスに悩む女性は多くいます。私の周りにも少なくありません。このまま一生、性行為がなくてもいいかなあ、なんて言っている女性もいるほどです。しかし、まわりからは「第二子、第三子はどうなの」とプレッシャーをかけられますし、周りから妊娠報告を聞くと、なんとなく焦ってしまうものです。

うちにはうちの家族の生活スタイルがあるからと思っていても、周りに流され少し悩んでしまうのは仕方のない事かもしれません。しかし、じゃあ久しぶりにセックスをしようかといざ構えてみても夫婦のタイミングってそうそう合いませんよね。中には奥さんの方から誘って拒まれたことがずっとトラウマになっている人もいます。

また、ほかにセックスフレンドを作っている方もいます。家族と言えども、もとは恋人同士でお互いが惚れ込んだ中なのに、いつのまにかセックスをしなくなるというのはなんだか悲しいことですが、セックスレスの夫婦が多い事は事実です。もともと日本はセックスの少ない国だとは言われていますが、やっぱりお互いに努力してせめて月数回は夫婦生活を充実させたいものですね。

疲れる奥さん

以前、同じ職場だった男性と今でもたまに会うことがあります。もちろんお互いの家族同士で食事に出かけたりするわけですが、その男性の奥さんというのが、これまたかなりのやきもち焼きなのです。その男性知人はもともと私の先輩でした。社内の中でも誰に対しても優しく面倒見が良くて、私は純粋な気持ちで憧れていました。

そのことは男性知人にも伝えていますし、その憧れと感謝があるからこそ、こうしていまだに付き合いがあるのですが、奥さんはどうやら少し勘違いしているようです。元同僚と私で会社の話で盛り上がると、奥さんは急に無言になってつまらなそうに箸をつついたりしています。こんな時私の主人が気を利かせることができればいいのですが、無頓着な主人なのでそんな奥さんの不機嫌さにもほとんど気付きません。

これはやばいなあと思って奥さんに話をふるのですが、もうすでに機嫌は悪くスマホをいじる始末です。会うたびにこのような感じになって、男性同僚は奥さんをどっかに連れ出し何か話し込んで戻ってくると決まって「じゃそろそろお開きに」となるのです。もう少し大人の会食がしたいのですが。

 

ほんとにあった若年性更年期障害

友人たちの間で、たまに若年性更年期の話で盛り上がることがあります。半ば冗談ちっくに笑いながら話しているのですが、中には本当に更年期症状ではないのかと疑われるような友人もいます。その友人は今までずっと冷え症でいつも厚着だったのですが、最近、暑い暑いと言って、たとえ気温が10度の中でもノースリーブや肌着一枚で過ごすのです。

かと思えば夜は寝つけないほどの寒気に襲われるそうです。また、まったく汗をかかなくなり、どんなに運動をしてもダメだそうです。メンタル面でも不安定になることも多く、急にイライラしたり、涙が出てしまったり、動悸が激しくなるようです。そのような症状を聞いていると数年前の母親の更年期症状と似ているなと思いました。

更年期障害とはだいたい40代後半から50代半ばの間に表れる症状ですが、まだ30代早々でそのような症状を訴える友人知人も少なくないのが現状で、私にもそろそろ更年期症状が表れてしまったらどうしようかと不安になってしまいます。

ツイッター発言に困惑

仲の良いママ友同士で児童館に遊びに行ってきました。一緒にお昼ご飯も食べ、その時間はなんてことなく楽しく過ごしたはずだったのですが、その日の夕方、彼女はツイッターで意味深発言をしたのです。その内容はこうでした。

「ザ・ママ友みたいな関係が本当に疲れる。今日はその関係を目の当たりにしてしまった」という発言です。まさか私たちの事を言っているのでは、ととっさに感じてしまいました。児童館にはほかにもママ友グループがいましたが、私たちはさほど交流をしませんでした。今日は、この意味深発言をしたママ友と、もう2人のママ友、そして私の4人だけで過ごしました。

あきらかに私たちのことを言っていますよね。どう思いますか。でも、彼女は今日楽しそうであったし、仲間外れなんかにした覚えもありません。むしろ私は彼女に気を遣ったほどです。なのに、そのような発言をしかも私たちが見ていることを知っていてつぶやくだなんて、私は彼女に対して不信感を募らせてしましました。

新人なのにお局さま

私は今の会社に入社して3年ほどで店長と言う立場に就任しました。と言っても、当時はまだ25歳で店長とは言っても完全な雇われ店長です。周りの同僚ももちろん年上が多く、店長という役職がついてはいるもののやっていることは新人とまるで一緒でした。

しかし年数が経つにつれて、自分も気を遣われる立場へと変わってきました。しかしそれでもやっぱり私より年上の方ばかりが多いので、私ももちろん敬語は使いますし、偉そうな態度は一度もとったことがありません。ですが、最近、私よりももっと年上の女性が入社しました。

彼女は長い間育児に専念していたようで仕事復帰は5年ぶりだそうです。彼女も以前、店長職をしていたそうです。そのせいか私の仕事に対してかなり深入りしてきます。そして横からいろいろなアドバイスをくれるのです。ありがたい話ではあるのですが、彼女と私は部署が違うし、そもそも働いてきた職種も違うので、お門違いのアドバイスばかりしてきます。あしらうわけにもいきませんし、どのように接したらいいのか悩んでいます。

 

 

つわりの苦しさ

妊娠初期はさまざまな体の不調に悩まされます。中でも一番の苦しみはやはりつわりでしょう。つわりがどのような状態であるのかは同じ女性でも症状は様々のようですね。二日酔いのような状態だったり、車酔い船酔いのような状態、それらが一日中続く人も多くいらっしゃいます。

何を食べても気持ちが悪く、吐きすぎて栄養失調になる女性も少なくなく、入院して点滴投与になる場合もあります。この悩ましいつわりですが、これといった対処法がないのが現状です。できれば、つわりの時期は家族のサポートや会社の理解が欲しいところですが、特に会社の場合、つわりのひどい女性に対しても容赦ないことが多いですよね。

特に同じ立場であるはずの女性上司は自分の妊娠時期の頃の話を持ち出して「自分はこれだけ我慢した」「これぐらいはやってもらわないと困る」などと無理を強いてきます。立派なパワハラだと思いませんか。先にも言った通り、つわりの症状は人それぞれなのです。自分のものさしで測らないでほしいなと思います。

断乳ができない

私の子供は2歳を過ぎましたが、いまだにオッパイを吸いたがります。母乳から栄養を摂取するのはだいたい生後6か月あたりまでで、あとは我々大人と同じ、離乳食や幼児食といった「食べ物」から栄養を取るようになります。だいたいの人は1歳前後で断乳をしますが、中には3歳になっても吸っている人がいます。

授乳や断乳については様々な意見があって、無理に断乳させる必要はないと言う人も多くいます。しかし、私の母や姑はいつまでも吸わせているのは良くないと私の授乳姿を見ると苦言を呈します。子供にとってオッパイは精神安定剤のような働きもあると言いますよね。私だってできれば早めにオッパイは卒業させたいのですが、子供に「オッパイバイバイ」と言い聞かせてもやっぱり吸います。

回数は減ったきたのでこのまま様子を見ていようかなとも思っているのですが、やはり母や姑が来るたびにグチグチ言いますし、そういううるさい客がいるとなぜか子供もやたらとオッパイを吸いたがるのですよね。ほんと居心地の悪い時間帯です。

主婦が優先すべきこと

私のママ友は毎日のように児童館や子育てのイベント、そしてスクールに子供と一緒に通っています。たまにイベントでご一緒することがあり、帰り道が一緒になるのですが、そのたび彼女は今日の夕ご飯はこれにしようと、スーパーやコンビニの御惣菜で済ましています。

たまに児童館でお昼ご飯を一緒に食べることがあるのですが、その時も子供にあげるご飯はお惣菜パンや菓子パンのみです。もしかしたらこのお母さんはあまり家事をしていないのかもしれないと感じてしまいました。また、そのお母さんはよく旦那さんへの不満も口に漏らしています。(旦那が)家にいるだけでムカつく、帰ってこないでほしいとまで言っていたことがありました。

よくあるグチのひとつではありますが、彼女の場合はなんだか深刻な感じさえします。でもだからと言って、子育てや自分のイベントばかりを優先して、家事をしないというのはやはり問題があるのではないでしょうか。共働きならともかく、主人は家族のために一生懸命働いているからこうして子育てに専念できるわけだし、少し感謝しなければいけないのではないかと私は思いました。私のこういう気持ちは所詮キレイごとでしょうか。

かかりつけにしたいけど、診察料が高い

体調が悪く、生理も不順だったので、産婦人科に行きました。受付で「どうしましたか?」と聞かれるのですが、まあ原因不明で生理不順としか答えようがなかったのですが、診察室で先生に診断してもらったところ、先生も「・・・うーん」と言う感じです。おそらくはストレスが原因で不順になっているようだからまた1週間様子見てみて生理が来ないようなら受診してくださいと言われました。

特に薬も処方されるわけでもなく、エコーで子宮内を確認しただけで終わったのですが、これだけで数千円も取られてしまいました。いや私だって、ただカウンセリングを受けようと思っていませんし、それなりの診断を要望してましたが、エコーを見ても問題がなく、結果ストレスが原因と言われて、診察はすぐに終わってしまう。え、これだけ。ストレスで済ませるの?と、なんだか腑に落ちませんでした。

病気が見つからなかっただけでも良かった、と思えればいいのですが、あんな短い時間のエコーだけで数千円も取られるのはなんだか納得がいかないと思いませんか。もう少し体の様子とか聞いてほしかったですし、そもそもエコーが高すぎです。

歪んだ母子関係

私の妹は嫁いでからもう何年もたちますが、私と違って実家からほど近い場所に暮らしています。それもあって、自分の子供を両親に預けながら妹は働いています。「共働きじゃないと生活できないからね」と妹は言うので、実母が孫の面倒を見るのも仕方がないのかなあと思うのですが、両親もやはり高齢なので、小さな子供の面倒はなかなか大変そうです。

それだけでなく、妹は何かあれば自分の家でなく実家をよく使います。妹の友人の誕生パーティーだったり、子供のイベントなどもすべて実家で行い、実家を荒らすだけ荒らしてそのまま帰ってゆくのです。それでも両親は妹に対しては何も言いません。しかし、私に対しては、私が帰省するたびに茶碗洗って、お米研いで、とあれこれ指示してきます。

もちろん私も帰省中は居候のような身なのであれこれ働くのですが、やはりそこでも妹は何もしません。そして両親も何も言いません。この差はいったい何なのでしょうか。妹も30歳を過ぎているのに、いつまで実家にしがみつくのでしょうか。お互いに親離れ子離れできていないのでしょう。

DVの実態

私の知人男性はショットバーの店長をしています。イケメンで話もうまく、若い頃からかなりモテていて、女性が途切れることがありませんでした。過去に一度、私の親友と彼が付き合ったことがあって、交際後すぐに同棲するようになりました。彼は束縛心が強いらしく、私はしばらく親友と会えない日が続きましたが、会えばいつも彼とのラブラブ生活の話をしてくれました。

うまくいっているんだなあと嬉しい気持ちと、彼氏がイケメンでうらやましいなという気持ちで私は見ていたのですが、後に知った話によると、彼はかなりのDV男だったそうです。親友自身がそのことを話してくれたのは彼と別れてから何年も経ってからでした。

日常的に髪を掴んだり、頬を殴ったり、お尻を蹴飛ばすという行為があり、また、その知人男性が友人達を自宅に招いた際には、さっさと酒買ってこいと寝ている彼女を起こして、グラスや皿を投げつけお酒を買いに行かせたそうです。それでも彼女は彼のことが大好きで彼の言うまま、されるがままに数年間を過ごしてきたとのことです。共依存という言葉を聞きますが、こんな近くに共依存関係のカップルがいたなんてショックです。

おりものの臭い

最近、おりものの臭いが気になります。俗に言うすそわきと呼ばれるものかもしれません。今まではあまり気になりませんでした。でも最近は、しゃがんだ時や、パンツなどに酸っぱい臭いがあるような気がしてしまうのです。思えば最近、いつもにも増しておりものが増えたような気がします。

排卵日前後はねっとりとした粘り気のあるおりものが増えますが、それとも少し違うのです。白っぽいカスのようなものがパンツについていることもあり、少し酸っぱい臭いを放ちます。織物の臭いが気になりだして、一日の中でも何度かパンツをはき替えるようになりました。外出中はおりものシートを持ち歩いてこまめに変えています。

生理が来れば落ち着くのかなあとも思ったのですが、やはり生理が終わった後の排卵日までの間もこのようなおりものが続いて、だいたい3ヶ月ぐらい経ちます。これは何かの病期の兆候なのでしょうか。おりものの臭いの他にはこれといった症状も痛みもないので放置してしまっていますが、病院に行って診た方が良いでしょうか。

 

身勝手すぎる恋愛

あまりにどうしようもなさすぎて、彼女と友達であることをやめたくなるような出来事がありました。先日、私の友人はかなり切羽詰まった様子で相談を持ちかけてきたのですが、どうやら今までずっと不倫をしていたそうです。そしてなんと、その不倫相手との間に子供が出来てしまったのです。

彼女は既婚者で子供もいます。最初、夢でも見ているかのような気分になりました。自分の人生の中ではまずありえない話だったからです。彼女はどうしたらいいかなと私に聞いてきたのですが、もうなんて答えたらいいのかわからず、じゃ○○(友人の名前)はどうしたいの?と聞いたら、産めるわけないよねと言いました。

じゃあ、なぜ避妊をしなかったのか、女性だってピル服用で避妊は可能です。それにおおよその排卵日ぐらい見当がついているはずです。私はどうしようもない気持ちになりました。かたや別の友人は妊娠したばかりで、うまく育ちますように、成長していますようにと不安と期待に胸を膨らませているのです。不妊治療を何年を行う友人もいます。彼女の身勝手な行動に呆れてしまい、友達関係を断ちたくなりました。

妊娠ハラスメント

みなさんは社内の同僚や上司にどのタイミングで妊娠したことを伝えますか。私は以前、妊娠した時に、安定期までは秘密にしておこうと思っていたのですが、周りの友人からはいくらでも早めに伝えた方がいいと言われました。なぜなら妊娠初期はつわりなどの体の不調や変化が著しく、無理に重たい荷物やハードな仕事を行うと赤ちゃんに影響が出るからと言われました。

でも、私はできればみんなに報告はしたくなかったです。妊婦と言う目で見られるのもなんだか嫌でしたし、妊娠や子供のネタになるのも避けたかったのです。しかし、結局つわりが始まってしまい、ろくに出勤もできなくなってしまったので、直属の上司にだけ伝えました。

そしたら、やっぱり、妊娠の噂は瞬く間に社内に広まり、気を遣ってくれる同僚もいましたが、遅い出勤になってしまったり、あまり動かないでいる私を見て、同世代の独身女性やお局さんからはちょっとした嫌味を言われたり、シカトをされることも多くなりました。妊娠ハラスメントってほんとにつらいですよね。

セクハラやちかんを避ける為に。

セクハラやちかん、レイプなどはいつの時代も女性の悩み、問題です。加害者を自ら見つけることは、警察でない限りなかなか難しいものです。そこで自分のできることは、自分を守ることでしょう。

例えば女性はファッションで胸の谷間を見せてみたり、ミニスカートをはいてみたり、本人はオシャレでしていてもそうは見ない男性がほとんどです。また、女性も男性の気を惹きたいという気持ちも無くはありません。しかし、自分の思う人に見てもらえるかといったら、そうとは限りません。思う人が見ていたとしても、また、そうでない人も見ている可能性を常に考えなければいけません。

だからといって、体を隠せと言っているわけではありません。正直私もミニスカートや露出が多い服を着たことがあります。

重要なのは常に緊張感をもっていることだと思います。例えばスカートが短いなら、階段やエスカレーターで見えないようにガードする。胸が開いた服ならストールなどで隠すことができるものを常に持っておく。携帯で話をしながら夜道を歩かず、周りに意識をもっていく。

そういった工夫だけで、隙はだいぶ無くせると思います。隙があまりない女性はどんなに露出をしてても、狙われにくいでしょう。何よりも狙われるのは隙だらけという人です。

被害者で泣く前に出来る限りのことは、自分で自分を守るものとして女性がしていくべきことだと思います。

親の行動

最近のニュースでローラさんがお父さんの事件によってだいぶ辛い思いをしている記事を見ました。正直とてもかわいそうです。子供がどんなに悪くなくても、親の行動によって子供にも影響が及ぶのです。

私は今から子供を産みたいと思っていますが、やはりしっかり考えて子供が後ろ指さされないよう気を付けていきたいと思います。気を付けていても人間なので何か起こってしまうことはあるかもしれませんが、それでも気を付けるかどうかで子供の人生は大きく変わると思います。何かが起きてしまってもその時の親の行動や思いをみて、子供は育っていくでしょう。

私は前に音楽教室の講師をしていて、その時に多くの親子をみてきました。そこで、やはり子供のことを考えて行動している親と、まだ自分の好きなように生きたいと自由に行動する親がいました。それは他人の私から見ても一目瞭然です。皆さんそれぞれに子供を愛しているのは分かるのですが。。。

若くして子供を産んだり、予想していなかった出来ちゃった婚などでは、なかなかそこまで思いがまわっていない例があります。もちろんそうでない方たちも含めてです。子供の人生の為に、自分の行動を見直そうという考えをもって命を大切にしてほしいと願います。

母親の憂鬱がくる・・・

ついに全国のお母さん方がげっそりする時期が来ますね~(^_^;)
そう、ついに子供の夏休みが始まりそうですね。
もう私は嫌で嫌で・・・。

子供が幼稚園に言ってくれているのが、どれだけ嬉しかったことか!
子供がいない時間って、私はすごく好きです。
やっぱり産んでからは、全然自分の時間が取れなかったので、
今度は自分の為に時間を使いたいな~と思うんです。
幼稚園に子供が行っている時間って、すごい平和だな~と思います。
こういう時間がずっつ続いて欲しいな~と思います。
子供も可愛いと思うんですが、夏休みにずっと家にいると思うと、本当に憂鬱です。
特に幼稚園とかって、本当に元気ですからね~。
私の体力がどんどんとなくなってしまいます。

夏休みは子供といられて嬉しい部分もあるのですが、
どうしても体力に限界を感じてしまいます。
30代と10代以下では、全然違いますよね。
子供は早めに生んだ方がいいってよく聞きましたが、
きっとこのことなんだろうな~と思います。
年食ったお母さんだと、子供の相手をしていていも、
すぐに疲れてしまうのが問題ですね。
やはり20代に生んでおいたほうが、絶対に楽なんだろうな~と思います。
40代とかで育児をするのは、もう体力の限界だと思います。

安藤美姫がシングルマザーへ

安藤美姫さんが、シングルマザーの道を選んだようですね。
女性にとって、父親を明かせないというのは、
かなり事情があることでしょう。
やはり女性にとっては、父親の名前を言えないような出産は、
すごく苦労が大きいと思います。

特に安藤さんのお子さんは、
どうやら前の監督のお子さんではないかとも言われていますし、
今の同棲中の彼氏の子供なのではないかと言われていますし、
どっちなのかわからないのかなって思いました。

どっちにしても、今の結婚相手となる人の子供なのかどうかわからないですね。
安藤美姫がすごい苦労したんだろうな~というのはよくわかりますね。
でも、これからどうなるのかな~とかなり心配になってしまいます。
シングルマザーのままではないようなので、
これから結婚をすると思いますが、相手の人にとっても、
今の安藤さんと結婚するのは、かなり躊躇っているような印象を受けますね。
普通は子供が生まれる前に籍を入れる人が多いですからね。

それをしないということは、自分の子供ではないとか、
周りが相当反対しているかとかですよね。
安藤さんが泣きながら告白をしていましたが、
やはり相当考えるものがあるでしょう。
でも、これからもママとして、スケーターとして頑張って欲しいですね。

バザーの憂鬱

バザーってなんだか憂鬱ですよね。
うちの幼稚園はまだマシな方で、持ち寄りだから助かっています。
全部手作りでないとダメな幼稚園もあるようですね。

そういう所に通っている人は、全然得意でもないのに、
バッグやランチマットを作ったり、中にはクッキーを焼いたりして
大変な思いをして出品しているようです。
やっぱりバザーは誰に聞いても嫌がっていますよね。

私のママ友さんの中には、すごく楽しみにしている人もいますが、
あんまり私は好きではないんですよね。
特にバザーのお手伝いさんは、本当にきついです。
どうするのかな~と思いますが、自分は出たくないので困ってしまいます。
バザーの準備で、洗剤のセットを買ったり、
意外にお金がかかるんですよね~。
なんかこういうのって、持ちよりにしたほうが便利で良いんですが、
面倒なのは変わりませんね。

私はバザーに行くつもりが全然ないけど、
子供なんかはすごく楽しみにしているようですね。
色々な物を売っているので、すごく楽しいのかもしれませんが。
一体どういうものが売れるのか、リサーチをしたり、本当に大変ですからね。
こういうことをやっていると、すごく役員は大変だろうな~と思って、
ますます役員がやりたくなくなってしまいます。