ありえない男

以前、好きだった男性がいました。彼も私のことを好きだと言ってくれたので、すっかり付き合っているのかなと思ってしまいました。ある日、彼が東京に遊びに行くことになって、それをSNSでつぶやいていたのですが、私たちの共通の友人である女性もSNSでこうつぶやいたのです。

「今から大好きな人が東京に遊びに来るから、私はとびっきりのおしゃれをして会いに行くんだ」と。

女の勘が働きました。彼と彼女はきっと会うんだなと。私はとっさに彼に「もしかして○○ちゃんに会うの?」とメールをしたら、即座に返信が来ました。この東京で僕と遊んでくる人なんて一人もいませんよと。

その言葉を信じてほっとしていたのですが、その数時間後には二人がそれぞれツイッターで「飲んでるなう」という写真をアップしたのですが、なんとまあ飲んでる場所が一緒!時間帯も一緒!・・・なんて最低な男なんだとビックリしました。SNSをやっている男の人はもう信用できません。

デコルテのしわ

アラフォーにもなればあちこちに小じわが目立ってくるのですが、最近すごく気になるのはデコルテのしわです。

デコルテには年齢が現れると言われているのを知っていたので20代の頃からデコルテ専用のクリームを塗ったり、保湿をしたりといろいろ気遣ってきたつもりだったのですが、ここ1年ほどの間に、真横に1本の深いシワが刻まれてしまいました。一度出来たシワはどんなにケアしてもなかなか薄くならないのですよね。

自分が気にしすぎなのかもしれませんが、むしろどんどん目立ってきているようにも思えるのです。テレビのタレントさんを見ているとやはりアラフォータレントにはデコルテのシワが目立ちます。20代でも目立つ人がいますよね。一度気になってしまうとデコルテばかりを見てしまいます。

デコルテは、顔の一部とも言われるぐらい露出する部分ですよね。なのでここばかりがシワになってゆくのは避けたいですよね。顔はしっかりと作りこんでいるのに首だけ年老いてるなんてアンバランスすぎます。

 

ベビーカーがうざいと言われ・・・

先日、デパートに出かけた際、エレベーターに乗ろうと思ってエレベーターの方に行ったら、ベビーカー連れのお母さんたちが何人かいて、その後ろにはおそらく女子高生でしょうか、若い女性たちがいました。

エレベーターには先にベビーカー連れのお母さんたちが乗ったのですが、エレベーターのドアが閉まる前からその女子高生達が「マジでベビーカーうざいんだけど!」と大声で言ったのです。ビックリしました。

確かにここのエレベーターは3つしかありません。でもそのひとつはベビーカー連れと車いすの優先エレベーターとなっています。そしたら、女子高生達はその優先ステッカーを見て「これ取ればよくね?」とはがし始めたのです。

実はこの時、私も子供連れでした。でもこの日は休日だったのでベビーカーは邪魔になるかと思い持ってこなかったのです。女子高生は軽い気持ちの発言だったかもしれませんが、私はすごく傷ついてしまいました。子供を守りたい一心の母親からすればこのような発言は今後トラウマにもなりかねませんよね。

ひどすぎるセクハラ

以前、同じ会社に勤めていた部長から執拗なセクハラを受けていました。そのセクハラの最中に部長は脳梗塞に罹り、長期休暇を取ることになったので、セクハラの被害はなくなりまいたが、本当に最低な人だと思いました。

普段はとても明るく年齢の割には話題も対応も若く、面白い方でした。なので私も親しげにコミュニケーションをとっていたのですが、ある時から私が部署で一人で居るときに部署に来て、となりのデスクに座り、「俺すごいの見つけたんだけど見る?」と言ってくるのです。

「何ですか?」と聞くと、ちょっと貸してと私のPC画面を何やら操作しています。そして見せつけたのがエロサイトなのです。「このサイト無修正なんだぞ」「すげえよ、この×××」と平気でいやらしい事を言います。

最初は冗談のつもりなのだろう、若い人ぶってるのだろうと思っていましたがそれが毎日続くのです。軽くあしらっているだけだったので、彼はますますエスカレートし、私のほっぺたにキスまでするようになったのです。気持ち悪くてビックリしましたが、部長の本意がわからなかったし、冷たくあしらうことで社内の雰囲気が悪くなるのも嫌だったので私はずっと我慢をしていました。はっきりした「態度を取れなかった私にもおそらく非があるのでしょうね。

早期教育を強いるママ友

同じ歳の子を持つママ友の中には、子供の早期教育に情熱を燃やす人もいます。0歳から始めるベビーサインや、1歳を過ぎてからのクモンの幼児教育やヤマハの英語教室、最近では体育教室にも通わせるようになったそうです。

そのような話を聞くと、わが子にも何か習い事をさせた方が良いのかもしれないと少し焦りを感じることがあります。でも私は、今のところ教育らしい習い事は何もさせていません。今はまだ未就園児だし、本人が何が好きで何に興味があるのかもまだわかりません。見ている限りではとにかく体を動かしたり走ったり私と遊んでいる方が楽しそうに見えるのです。

しかし、ママ友には早いうちから色々な習い事をさせておかないと幼稚園に入ってから置いてけぼりになっちゃうよと言われてしまいました。こんなに早い時期でも子供には何か習い事をさせた方が良いのでしょうか。たとえ今、習っても続かないと思いますし、子供自身の身についているのかもわからないですよね。

大人になってほしい

主人は家の中ではとても偉そうにします。まるで自分は王様でもあるかのように自己中心的にふるまいます。たまに思うのは、男の人って家族を持つことを家来でもできることと勘違いしているのではないかと思ってしまいます。その証拠にいろいろ指摘したり非難するとすぐに怒って周りに当たり散らします。

お出かけする時もグダグダしているので文句を言うと「むかつくからやっぱり出かけない」とまで言います。アラフォーのいい大人が子供を目の前に何を言ってるんだと呆れます。というか呆れるを通り越して残念で仕方ありません。

もういい年齢ですし、子供も養っているのだから、もう少しだけ大人になってほしいのですが、これは無理な相談なのでしょうか。あまりにガキな行動が続くので、私はまるで主人のお母さんのような気分になりますし、いい加減、人に甘えるのもやめてほしいと思ってしまいます。

普段は大人しくて優しいのですが、すぐにつけあがるところが、私的には頭に来てしょうがありません。

女性って残酷

大人になると友達は自然にできるものというよりも、一生懸命作るもの、になってしまってるような気がしませんか。私には子供を通して仲良くなった友人が何人かいてそのうちの2人とは飲みに出かけたりもしていました。とはいっても、その2人がすごく仲良しなのであって私はそこまで親しくありません。

フェイスブックやツイッターにも「私たちは仲良し」「大好き」と書いたプリクラをアップしたり、家族ぐるみで遊んでいる光景もよく見ていたので、大人の仲良しってうらやましいなと思っていました。

しかし最近、喧嘩をしてしまったのか、一人がもう一人の悪口をツイッターに書き始めたのです。明らかに彼女だとわかるように書いていたのでビックリしました。あれだけ仲良い姿を見せつけておいてよくまあ、本人が見ているかもしれないツイッターでここまで文句を言えるものだなあと。

相談に乗ろうと思って連絡をしたのですが、うちらのプライベートなことなのでそっとしておいてほしいと言われてしまいました。だったらツイッターに公開しないでほしいですよね。

比べて凹む心理

比べても仕方がないと思っていても、どうしても人と比べてしまう自分がいます。他人の生活がうらやましいなと一度考えてしまうと、その思いにどんどんと囚われてしまって殻に閉じこもりたくなります。これは女性の方であればほとんどの方が同じように感じることがあると思います。

女性は幼い頃から人と同じもの、同じことを好む傾向があります。そうすることで安心を得るからです。この傾向は実は大人になってからもそうそう消えなくて、私のようなアラフォー世代になっても互いにお揃いにしたり、仲良しの証みたいものを作ったりと子供と同じようなことをしている人が少なくありません。

それによって安心できるならそのままでもよいのかもしれません。でも同時に少しの虚しさを感じることもあります。なぜかというと何もかも同じであるわけがないからです。同じと思っていても、家庭環境も生活も育ち方も違います。でもたった一つの共通点を見つけてそこにしがみついてしまうのです。だから相手との違いに、いちいち凹んだり落ち込んだりしてしまうのかもしれません。

妊娠中毒症への不安

妊娠すると喜びと同時に様々な不安に襲われます。特に高齢出産による様々なリスク。私は今回、高齢出産となります。高齢出産で一番懸念されるのはやはり妊娠中毒症です。妊娠中毒症とは血圧や血糖値、尿たんぱく、尿糖などの数値が高くなってしまうことによって胎児へのリスクや出産のリスクが上がってしまうことを言います。

中毒症の原因のほとんどは妊娠時の食生活だと思われますが、35歳を過ぎたら特にこの食生活をはじめとする妊娠生活に注意を払わなければなりません。私もいろいろと気を使っているつもりなのですが、検診時、毎回血圧が130ぐらいあるのです。120ほどが普通なのに結構高い数値ですよね。

でもまだ、尿たんぱくや尿糖が出ていないので、今は大丈夫だろうと言われていますが、もしタンパクなど出たら入院になるかもしれません。むくみも今のところ大丈夫ですが妊娠後期にまた一気に体重が増えてしまうのでそれに合わせて中毒症の症状も出てしまったらと思うと不安で仕方がありません。

足のむくみ

女性は疲れが足に来るといっても過言ではありませんよね。私も一日の中で夕方になると足が痛くて痛くて仕方がありません。ストッキングに締め付けられているような感覚があり、パンプスもきつく感じます。

やたらと痛くて足を触ってみるとパンパンにむくんでいるんですよね。私の仕事は営業回りが半日、デスク作業が半日という感じで一日中歩き回っていたり立ち仕事をしているわけではないのに、必ず足がむくんでしまいます。

冬の期間なんて退社時間にブーツに履き替えると、ブーツのファスナーが締まりきらないことがほぼ毎日です。むくみを予防するためにできるだけ血行の良い服装を心掛けているつもりなのですし、水分もしっかりと補給しています。

それでも、夕方5時には必ずむくんでしまいます。体の冷えとかも関係あるのでしょうか。年々むくみによる足の痛みがひどくなってきているような気がしています。この場合、一度病院で診てもらった方が良いのでしょうか。

会ったこともない人からの突然の告白

私より20歳も年上の男性知人から、メールで「あなたのことを好きになってしまいました」と送られてきました。彼とはブログを通じて知り合ったので実際に会ったことはまだありません。

彼は妻帯者ですし、私も人妻で彼はそのことをもちろん知っています。一体どういう心境でこのようなメールを送ってきたのかはわかりませんが、相手はもう50歳も過ぎている身なので、この告白にやましい気持ちはないのかもと思いました。

なので私も「○○さんのことを好きですよ」というメールを返信したら、すぐに会いたいと言われました。会って何をするのかわからないので少し戸惑っています。結婚してもお友達ができることは嬉しいのですが、主人にはなんて説明をしたら良いのでしょうか。よくわかりません。でもあの告白のメールをよこしてから毎日のようにいつ会えますか?とメールが来るので、だんだんと彼に対して不信感が湧いてきてしまいました。なぜそんなに会いたがるのか。このように年配の方であっても下心があるのでしょうか。

傍若無人な常務

うちの会社は家族経営です。取締役常務は社長の奥様が努めています。家族経営だからそういうものなのだろうなとずっと思っていたのですが、この話をするとほかの会社に勤める友人たちはあり得ないと驚きます。

まず、常務(社長夫人)は会社の規定時刻に出社しません。珍しく時間通りに出社したと思えばすぐに出かけて何時間も戻ってきません。しかもランチの時間は決まって3時間です。その時は社長も同伴するので、もちろん社長も3時間の間、留守にしています。

常務は社内にいても、しょっちゅう自分の友達を会社に招くわ、長々とおやつ時間を楽しんでいるわ、みなが仕事をしている中で「美味しいコーヒー入ったから飲まない?」とその部外者である友人たちと平気で騒いでいます。

彼女は50代ですが、なんて非常識な人間なのだと私もずっと思っていました。でも社長の奥様なので誰も何も言うことができません。ですが、みなかなり嫌っています。私たちが彼女に対してとても迷惑していることをどうにかして知ってもらいたいのですが、その術がわかりませんし、不穏な空気になったら怖いので何もできません。

ぶつ行為の連鎖反応

イヤイヤ時期真っ最中のうちの息子が最近、私や主人、ペットなどをぶつようになりました。それもかなりの腕力でぶってきます。大人の私でさえ痛いと感じ、ムッとしてしまいます。私は男兄弟の中で育ったのもあってよくケンカしてはぶたれたりしていました。そんな育ち方をしたせいかぶたれたらぶち返すという習慣がついてしまって、息子にぶたれた時、無意識でぶってしまうということが今までに何回かありました。

ぶった後に「しまった、ごめんなさいっ」と息子に謝るのですが、息子はますますぶつようになってしまったのです。すごく自己嫌悪で、自分の手の早さにがっかりするし、自分の子供だけには暴力をふるいまいとずっと心に誓ってきたのにと後悔します。

でもとっさに出てしまうのです。反射的にと言った方がよいかもしれません。親もやっぱり一人の人間なんだなあと感じる瞬間です。聖母マリア様にはなれないんだなあと痛感しております。

今はかなり神経質ではありますが、子供が私をぶたないように、また私も手が出ないようにと見張っています。

言わなきゃやらない主人

主人は家のことも子育てもそれなりにやってくれていると思っています。もちろん、それだけでなく毎日汗水流して私たちの生活費のために頑張ってくれるのもわかります。でも、できれば私に指図されなくても、家事や育児のあれこれをやってほしいと思うのです。

例えば家族みんなでお出かけする時も自分はぎりぎりまで準備をせず、私の準備が終わってから着替え始めます。その間に私は子供の着替えや飲み物おやつの準備、おむつ替えなどやります。で、子供の靴も履かせて自分も履いて、やっと外に出ると庭でたばこを吸っている主人が私たちを待っているのです。

なんだか腹が立つと思いませんか。彼がもう少し早く準備してくれて、子供の準備までもしてくれたならもっと早くに出発できるのに。頭に来て思わず「タバコを吸う時間があるなら、おむつ替えとか、靴履かせるとかしてもらいたいんだけど」と言ったら、「言わなきゃわかんないよそんなの」と言い返されました。

自分で気づいてやってほしいのに。なんで私が主人ことまで気にかけ仕切らなければならないのでしょうか。

こじらせ女子

最近よく耳にする「こじらせてる」「こじらせ女子」という言葉。まさに私の友達はこじらせ女性です。

同じアラフォー世代ですが、彼女は独身でフリーランスの仕事をしています。学生時代からの友人なので、今でもたまにお茶をしたり飲みに出かけるのですが、最近やたらと会話の内容がどれもこれも否定的なものばかりです。

男性の話にしても、彼はいい人ではあるけれど「いい男」とは言えないだとか、私のママ友付き合いに対してもよくそんな無駄な時間を費やせるものだと二言目には文句や否定的な意見ばかりが続きます。以前からもこういう面はあったのですが、最近やたらとひどくなったような気がしています。

これが世にいうこじらせ女子というものなのかと納得している次第です。先日「私は世の中の主婦より優れている」とまで言い放ったのでビックリしました。完全に私より優れていると言いたいようです。私と彼女では生活習慣も家庭環境も違うのになぜここまで人の生活に口出しできるのかわかりません。