女性の同棲は反対されやすい

女性の同棲って、親から本当に反対されますよね。
同棲は女性にとって、損な部分が多いので、
絶対にダメっていう人が多いなと思いました。
中には、デキ婚を心配をする人も多いですよね。

同棲をしたいという場合、多くの理由であげられるのが、
「本当に上手くやっていけるのか、確認したいから」。
でも、これって、言ってみれば、
「上手く行かなかったら別れるの?」と聞きたくなるのです。
夫婦なんて、所詮は他人です。

性格も違いますし、価値観も生活習慣だって、
『違うのが当たり前』なんです。
ちょっとやそっと、合わないからって、
別れるっていうくらいだったら、結婚したって、上手くいかないと思います。

結婚するなら、
『どんなことがあっても、別れない』という覚悟が必要だと思います。

私は少なくとも、そういう気持ちで、同棲をしてほしいと思います。
自分の子供が、同棲したと言った時に、
もう嫁に行く決心が出来てしまったなら、止めないと思います。

でも、『お試し』で同棲をするつもりなら、大反対です。
同棲が上手く行かないというのは、
やはり覚悟が足りないからだと思ってしまいます。
やはり親も可愛い娘を、結婚前にデキ婚とかにさせたくないので、
あまり気軽に同棲とかはしてほしくないですね。

女性の20人に1人は風俗業経験者論

『夜の経済学』という本の著者が、
成人女性の20人に1人は風俗業経験者という大胆な分析をしているそうです。
まあ、数字はただの目安ですが、それくらい近年は、
風俗で働く女性がすごく増えているようですね。
雇用が良くなく、仕事を失った人などが、風俗に流れていくこともあるのかな。

私がよく愛読している闇金ウシジマ君では、
大体闇金からお仕事を紹介されて、風俗に流れていく子が多いんです。
闇金には手を出してはいけませんが、やはりそれだけ
お金に困っている子が多いのかな。
同じ女性として、風俗でお金を稼ぐっていう
考えがない私としては、なんで風俗で働けるのか、そっちの方が不思議です。

私だったら、アルバイトを掛け持ちしてでも、絶対に風俗では働きません。
自分の体に自信がないっていうのもあるのですが、
やはり家族や友達にばれた時に、全てを失ってしまうような気がするのです。
自分を売るというのは、それだけ最終手段であるべきだと思いますね。

若さを簡単に売りにしてしまう子は、
将来、真面目に働くことができるのでしょうか?
若さはいづれ無くなり、真面目に働かないと行けない時期が来ます。
やはり私はもうちょっと、女性が風俗で働くのは
考え直した方が良いのではないのかなって思います。

旦那が働かなくなったらどうするか?

タレントの山川恵里佳さんが、旦那さんのおさるの書道中心の生活に
呆れて離婚を考えているという話を聞きます。
でも、これって、世の中の主婦からすると、
本当に山川恵里佳さんが可哀そうだな~と思ってしまいます。
なんでいきなり、書道家なんでしょうね。

本業もやらないで、書道家になるって、
それを支える奥さんの方がずっと大変だと思います。
こういう話を聞いてしまうと、やはり山川恵里佳さんって
すごく頑張っていると思います。
女性はいきなり、旦那さんが仕事を変えるとか
言うことを嫌がる人が多いと思います。

特にこうした、趣味なのか、仕事なのか、
よくわからないようなことをやり出すと、
やはり大概の女性は冷めてみるような気がします。
女性の方に経済力があれば問題はないと思います。

山川恵里佳さんの場合も、経済力が山川恵里佳さんにあるから、
なんとかやっていけるのだと思います。
でも、お子さんも二人いるのに、心配だろうな~と思いますね。

こういう状況がずっと続くのであれば、
やはり私は離婚をされても仕方ないと思います。
女性の気持ちとしては、やはり今のような生活は、
出来れば止めて欲しいだろうなって思います。
おさるような旦那さんを持った人は、本当に大変だと思います。

仕事のために枕営業はできますか?

郵便局の自爆問題がちょっと前に話題になりましたが、
実は他の職業でも、同じようなことがあるんですってね。
中でも女性としては「ええ~!」って思ったのが、
生命保険会社のいわゆる生保レディについてです。
ノルマを達成するために、なんと枕営業まであるとか!

芸能人でもないのに、仕事で枕営業があるなんて、初めて知りました!
女性はこれは・・・。
悩むでしょうね・・・。
ノルマが達成できないと、どれだけひどい仕打ちにあうのかわかりませんが。
それでも、私は、枕営業はちょっとないかな・・・って思いました。
皆さんは出来ますか、枕営業って・・・。
今は子供がいるし、そういう子供に言えない仕事はしたくないと思いました。
もしも子供にそんなことがバレたら、絶対に私はやっていけないと思いました。

子供に隠し事をして生きていくのは、どうしても考えたくありません。
もしもそういうのが常習化しているような会社だったら、
私は思いきってやめてしまうかもしれません。
それくらい私にとっては、ちょっとないですね。
枕営業が出来る女性って、ある意味すごいと思います。

覚悟がないと出来ない行為ですね。
仕事のためとは言え、自分の体を売ることができません。
でも、保険会社って怖いですね。

デキ婚は女の子が多い?

デキ婚は女の子が多いと言う話を聞いたことがありますが、
私の周りでは半々ですね。
デキ婚でも男の子が生まれる人も多かったです。
でも、女の子も確かに多いですね。

出産については、色々な噂があるので、
私も妊娠中は色々なことを言われました。
「顔が優しくなったから女の子だ」とか。
実際に、うちは女の子が二人なので、
そろそろ男の子もいいなって思ったりもします。
でも、姉妹で仲良く遊んでいる姿を見てしまうと、
このままでもいいのかな~と思いました。

やはり男児一人、女児一人っていうのが、一番理想的ですね。
私も子供の頃は、お兄ちゃんって憧れましたね~。
多分、将来、子供から「なんでうちは姉妹なの?!」って
言われてしまいそうだなって思いました。

子供が五体満足に生まれてくれれば、私はもう何も言うことないんですけどね。
やはり子供が健康に育ってくれれば、それだけで親は有難いものですね。
これからも子供を産むことがあるかもしれませんが、
今のところは、私は姉妹二人でとても満足しています。

年が近いこともあるので、いつも女の子二人で
プリンセスごっこをしている姿を見ると、かわいいな~と親ばかになってしまいます。
娘二人もあわいいですが、男の子もまた違った
魅力があっていいなと思います。

産み分けの真相は?

女性にとって、子供の性別ってかなり気になりますよね。
私もすごく気になりました。
特に第二子って、やはり第一子と違う性別の子供が欲しいって思ったりしました。
なので、産み分けが出来るのであれば、やはり産み分けがしたいな~と思いました。

ただ、産み分けをあんまりにも厳密になってしまうと、
自然のバランスが崩れてしまい、男女の比率が悪くなると言いますよね。
比率が悪くなってしまうと、結婚できない性別が偏ってしまったり、
あんまり良いことがないみたいですね。

本当は自然な状態で生むのが良いのでしょうが、
やはり二人目・・・3人目・・・となると、ついつい欲が出てしまいます。
子供が生まれてくるだけで、本当は幸せなんですけどね。
でも、肉を食べていると女の子が生まれやすく、
魚を食べていると男の子が生まれやすいとか、
そういうのは本当に当たるのでしょうか?

実際に自分がやるのは別として、医学的に理にかなっているのか、
その辺は知りたいと思いました。
巷には本当なのか、嘘なのかよくわからないような話も多いので、
出来るだけ正しい話を聞きたいと思います。
一般人は産み分けをしなくても、あまり影響がありませんが、
歌舞伎の世界の跡取りとかは、お嫁さんがプレッシャーを受けて、
本当に大変だと思います。

お正月の夫の実家への帰省

またまたお正月の季節がやってきそうですね・・・。
夫の実家への帰省が憂鬱な女性多数という記事を読みました。
首が壊れるほど、激しく頷いてしまいました。
そうなんです、お正月って、それが嫌なんですよね~。
これって、どうしたら良いのでしょうか。

仮病でも使おうかと悩んでしまうほど、本当に毎年憂鬱な気分になっているんです。
子供がいるから何とか行きますが、毎年決死の決意で向かっています。
それこそ、特攻隊のような、気持ちですね。
あの義母と一緒にキッチンに立っている何とも言えない違和感。
何度経験しても本当に慣れないです。
あんな気持ちになってしまうけど、毎年やってくるんですよね。
それが本当に嫌で嫌で仕方ありません!

でも、嫁は行かないとけないし。
私は日帰りにするように言っているので、泊まりはないのですが、
泊まりの人はもっと可愛そうだな~と思いました。
やはり自分の実家ではないので、すごく居心地が悪いですよね。

しかも相手の実家に行っても、特に緊張してばかりで、やることもないですしね。
そういうのを考えてしまうと、もうとにかく行きたくない病になってしまいます。
結婚してから、何が一番嫌かというと、それですよね。
風邪を引けるのであれば、ピンポイントでお正月に引きたいです。

子持ち女性が『母親』よりも『女』を優先すること

美奈子さんが、「子どもに自分の人生を受け止めて」と言っていることに、
IMALUが反論したようですね。
離婚経験のある親を持つIMALUの意見ですから、
すごく説得力があると思います。
大体の人は、IMALUの意見には同意だろうと思います。

まだ小さな小学生や未就学児に、何を求めているんでしょう。
親がまだまだ子供に愛情を与えて、子供の頼りとなるべきなのに、
子供に自分の人生を受け止めてなんて、無責任だと感じました。
お子さんの父親も違く、プライベートの性描写をウリにしているような
母親の人生を子供は受け入れないといけないのでしょうか?
あまりにも酷ではないでしょうか?

美奈子さんはネットの批判がすごいと言っていますが、
自分の言動がいかに一般人からすると、常識から外れているのかを、
いまだによくわかっていないと思いました。
IMALUも親の七光と言われそこまで人気のある人ではありませんが、
それでも今回はIMALUの主張を支持する人が多かったと思います。

『母親』ではなく、すぐに『女』になろうとするのが、
美奈子さんには感じられてしまい、
そこが女性から批判をされてしまう原因ではないのでしょうか。
やはり小さな子供がいる内は『女』よりも『母親』であるべきだと思います。

子持ちシングルマザーの恋愛の難しさ

IMALUが母親の恋愛について
困った時期があったと告白をしていました。
母親の再婚って、娘からすると、すごく複雑ですよね。
自分の本当の父親ではないんですから。
母親に恋愛を禁じることは出来ないと思いますが、
それでも娘よりも男を優先させるようになってしまうと、
さすがに良くないと思います。
子供があっての再婚だと思います。

自分の恋愛に夢中になり過ぎて、
子供を不幸にしていることに気付かない女性って結構います。
そういう女性は、「母親だからって、恋愛しちゃいけないの?」って、
逆切れしたりする人がいますが、そういうこと言っているわけではないんです。
『優先順位として、恋人が子供よりも上になるのは良くない』と私は思います。
子供が成人するまでは、親は子供に責任を持たないといけません。

自分たちの都合で、産んで別れて、今度は恋人を見つけて・・・では、
生まれた子供があまりにも振り回されて気の毒だと思います。
本来、一番に守るべきものは子供であるべきだと思います。
そこが恋人になってしまう人は、子供を必ず不幸にしてしまうと思います。

本来は子供に与えないといけない愛情を、恋人に注ぐことになり、
子供がすごく寂しい気持ちになります。
そういう子供の心を、果たしてどこまで理解しているのか、疑問です。

専業主婦の生命保険論

専業主婦の保険選びで悩むのは、
生命保険に加入するかという点になると思います。
考え方によっては、専業主婦は、普段から収入があるわけではなく、
死亡した後も、経済的には特に状況が変わるわけではないので、
特に男性が生命保険を期待していないのであれば、
かける必要はないという考え方があります。

その場合、お葬式が出せるくらいの、最低限の貯金があれば、
特に生命保険は不要だと思います。
ただし、相手にも生命保険を求める場合は、この限りではないと思います。
特に小さな子供がいるうちは、母親がなくれば、
子供を預けて働くことも必要になるので、
生命保険をかけておく方が良いという人もいます。

子供に遺産を残すという意味でも、
決して専業主婦の生命保険はむだということはないと思います。

では、専業主婦の保険は、一体どう考えれば良い物か?
それは簡単です。
現在の生活に余裕があるかどうかです。

貯金はすでにありますか?
貯金がそれなりにある人で、更に金銭的に余裕があるなら、
迷わず生命保険をお勧めします。
しかし、貯金もあまりなく、経済的に厳しい人が
生命保険に無理して加入しても、最後まで払い続けること
が出来なくなってしまう可能性もあります。
まずは貯金をしっかりして、それでも余裕がある人が、
生命保険に入るべきだと思います。

テレビの中でする恋愛

恋人は欲しいけど、テレビの前で恋愛するって、どう思いますか?
よく『あいのり』など、お見合い番組がありますよね。
実際には、テレビが回っていることが気にならないのかもしれませんが、
私は人に見られることが前提の恋愛というのは、絶対に無理だと思います。
あいのりにも、何度もやらせ疑惑がありましたね。
しかし、中にはあいのりを通じて結婚した人もいます。

出会いはどうであれ、本当の運命の人と出会ったら、結婚は出来るものだと思います。
しかし、テレビの前で恋愛をするっていうのは、やはり勇気が要ることだと思います。
自分の恋愛を一部始終見られてしまうような恋に夢中になれる自信がありません。
あいのりは見ているからこそ、すごく面白かったですが、
自分が見られる立場になってしまうと、難しいと思いました。

女性も人によって、性格が違うので何とも言えないのですが、
テレビの恋愛が出来る人っていうのは、
やはりそれなりに根性が座っている人でないとダメなのかなって思います。
テレビに応募するだけでも、かなりの勇気が要ると思いますけどね。
あいのりの中には、タレントとか、売名行為で応募する人も多かったと聞きました。
そういう人と、テレビで恋愛をするのは、やっぱり私は難しいです!

同性とのクリスマスの過ごし方

女性はクリスマスが近づいてくると、
やはり恋人と一緒に過ごすことを楽しみにしてる人が多いと思います。
でも、最近は、恋人がいない人もかなり多くなってきました。
そのため、女友達とクリスマスを過ごす人も多いですね。
恋人と過ごすクリスマスも良いですが、
たまには同性とワイワイ過ごすのも楽しいかもしれませんね。
ただ、同性と過ごす場合は、家に限ると思います!

私も独身時代に、友達と一緒に過ごしたことがありましたが、
レストランは、みんなカップルばかりで、
同性で来ている人が本当に少なく、ちょっと恥ずかしい思いをしました。
家の方が、気がねなく出来るので、やはり私は家での
パーティーが一番良いと思いました。
特に家でだらだらとお酒を飲んで、盛り上がれるのは、
やはり同性ならではの良さだと思います。

ただ、同性とのクリスマスも、だれかに恋人が出来てしまうと、
一緒に過ごせなくなってしまうので、そこは寂しいかな~と思います。
抜け駆けとかではないですが、彼氏が出来ると、言いにくいですね。

でも、同性とのクリスマスっていうのは、
一生続くものではないと思うので、だからこそ
1回くらいは経験しておくと、すごく楽しいと思います。
過ごせる時間は、案外限られていると思います。

気になる部分の脱毛

脱毛エステに行ってみたい・・・。
でも、Vラインの脱毛って、興味があるけど、勇気が出ないんです!
グラビアアイドルのような、すべすべの素肌が羨ましくて、
私もエステで脱毛をしようかなって思うんですが、
やはりどうせエステに通うなら、
Vラインもやってもらおうと思うのです。
そうすれば夏の間の水着なんかは、全然怖くなくなりますよね。

ビキニを履く人は、やはりVラインって、すごく悩むと思います。
今はエステの脱毛も安くなっているので、
「これくらいの料金だったら、やってみようかな」って
思う人も多いと思います。
でも、それが結構難しいんですよね~。
特に気になるのが、やはりスタッフさんの存在です!

自分の親にすらあんまり見せたことがない場所を、
見ず知らずの人に脱毛してもらうなんて、
私にはちょっと恥ずかしすぎます!
一体どんな顔をしてお願いしたら良いものか・・・。
相手はきっと慣れているんでしょうが、私は恥ずかしくて、
どうしてもお店に行く勇気がないんです。

こうなったら、自分でブラジリアンワックスとかで
挑戦してみようかなって思いますが、
それもなんだかいたそうですし・・・。
自己処理で失敗をしたら、それこそ肌が荒れていたそうですよね。
みんなVラインってどういう処理をしているのか、気になります。

専業主婦にとって離婚後の一番の障害は就活

離婚はすごいパワーを使うといいます。
私の友達に学生時代に一番早く結婚した人がいますが、
先日離婚をしました。

就職活動が嫌で、「専業主婦になりたいな~」と言っていた友人が、
デキ婚でそのまま結婚することになり、
就職活動を早々に離脱していた時には、正直「いいな~」と思いました。
友達はそのまま、大学卒業と同時に結婚。
「専業主婦で暇~」と言っているのを聞くたびに、
これまた「いいな~」と思いました。

でも、自分が結婚してからは、そういうこともなくなり、
しばらくは忙しいこともあって、お互いに音信不通でした。
でも、友人の方は、いつからか、
旦那さんとすれ違いになっていたようで、離婚の話が進んでいました。

旦那さんから、
「お前は働いたこともないのに、イチイチうるさい!」と言われたり、
社会人経験がないことを、ケンカの度に指摘されて、
「こんなに言われるんだったら、就職活動しておけば良かった」
と言っていました。

そしてこれから、30代にして初めての就職活動をしているそうです。
デキ婚で新卒での就活経験がない友人は、案の定、書類選考で全滅。
この先、お子さんを連れて、どうやって生活をしていこうか、
すごく悩んでいます。
専業主婦をしている女性は、離婚と同時に就活がまっているので、
そこが一番難しいと思います。

ビッグダディの元妻が女性に嫌われる理由

何かとバッシング報道が大きくなってきたビッグダディの
元奥さんの美奈子さん。
コミックも発売されて、ビッグダディとのセックスシーンも
描かれているようです。
恐らく美奈子さんがバッシングされてしまうのは、
こういう所なんだろうな・・・と思ってしまいました。
子供を育てるために何でもするという心意気は、
同じ子供を持つ母親として、共感できる部分があります。

しかし、美奈子さんの場合は、自分の性を売り物にしているのが、
やはり母親から見ると、どうしても許せない部分が
あるんだと思います。
子供がいるのに、両親のセックスを売り物にして稼ぐというのは、
やはりどうしても素直に応援できないと思います。
子供がどんな気持ちで、見ていることか・・・。

それを考えてしまうと、どうしても美奈子さんの稼ぎ方には、
文句を言いたくなってしまいます。
いくら美奈子さん自身が「やましいことはない」と言っても、
世間はそうは見てはくれません。
子供がいじめに合うとか、母親として、
子供にそうした影響が出るということを考えて、
しっかり行動しているのか。

美奈子さんの言動には、疑問を感じることがあります。
これがきっと、一部の女性には、
非常に不愉快に映っているのであろうなと思いました。

女性お笑い芸人の体の張り方にギモン

マナスル登頂で、お笑い芸人のイモトが、
登山の障害になると、気圧の変更で痛む前歯を抜いていました。
でも、これって、普通は女性としてすごいことだと思います!
仕事のために、前歯を抜けますか?
私だったら、正直断ってしまうと思います。
確かに仕事は大事なのですが、前歯って、
見た目にモロに影響をしますよね。

最近は仕事のためなら、女性芸能人でも、
カメラの前では全裸になったり、文字通り体当たりで
仕事をこなす人がいます。
しかし、女性がこのような体の張り方をするのは、
私はちょっと疑問に感じます。

男性だったら脱いでも良いというわけではなく、
やはり女性には女性らしさっていうのが大事だと思うのです。
男性が裸になっているのだから、
女性も裸になって応戦するっていうのは、どうかと思うのです。
やはり露出をしなくても女性がちゃんとお笑いが出来ると思うのです。

イモトの場合は、前歯を抜かないと、
プロジェクトがとん挫してしまうので、
もう後には引けない状況だったと思うので、
仕方ないのかなって思う部分がありました。
でも、森三中の大島さんのように、全裸になって露出したりするのは、
やはり良くないと思ってしまいます。
裸にならなくても良いような、芸を磨いて欲しいと思います。

男よりも怖い!?壮絶な女ストーカー

ストーカーって、普通は女性が悩まされるという
イメージがありますが、女性がストーカーになってしまうケースも
結構あるんですってね。

特に女ストーカーでは、
スピッツの草野マサムネさんのストーカーが、
とんでもなく有名なようですね。

草野さんのストーカーは、なんとこれまで
女性器を広げた画像や使用済みの生理用品を送りつけるなど、
聞いているだけ「草野さん、大丈夫かな・・・」と
心配になるような話が多く、本当にひどかったです。

女性でここまで卑猥なストーカー行為を出来るものなのでしょうか?
私も友達も、唖然としました。
同性であっても、草野さんのストーカーのような行為は、
これから先も自分は絶対に出来ないと思います。

少し相手の家までつけて行くと、そういうことはまだ
100歩譲ってわかりますが、
自分の性器を画像を送りつけたりするのが、
ちょっと度が過ぎると思いました。

女性の場合は、こういうことをすると、
恥ずかしいと思う人がほとんどなので、
普通はやらないと思うんですけどね。
おかげで草野さんは、
精神的に参ってしまった時期があったようですね。

確かにこんなストーカーがいたら、嫌にもなりますよね。
現実と妄想の区別が付かなくなってしまうと、
こうなってしまうのかなって思いました。

最新のナプキン

生理用品はすごく気になっているので、よく利用しているのですが、
最近ウィスパーから発売されたコスモというシリーズが、
@コスメで話題になっていたので、すごく気になりました。

コスモは新素材を使っており、細かなスリットが入っているので、
非常に体にフィットしやすい形状になっています。
あんまりにも薄いので、
「本当に量が多い時には大丈夫なのかな?」と半信半疑でした。
ところが、実際に使ってみると、かなり吸収が良くて、
薄くても全然大丈夫でした。
また、スリット部分が多くなったことで、
以前よりも、身体との密着感があり、
漏れも少なくなったな~と思いました。

特にお尻の割れ目の部分って、結構漏れが出てきたりして、
不快な感じになる時があるのですが、
コスモではそうした悩みがなくなりました。
たかがスリットなのかもしれませんが、この切れ込みがあることで、
漏れ防止や吸収力のUPにかなり効果があると思います。

@コスメでも結構高評価だったので、理由がよくわかりました。
これは結構おススメです。
ただ、ちょっと価格が高いのが難点ですね。

今は枚数が少ないタイプしか打っていないので、
もうちょっと量が多いタイプを売って欲しいと思います。
なかなか好きなナプキンです。

不思議な夫婦

不思議な夫婦として有名な川崎麻世さんとカイヤさんのご夫婦。
別居で、気軽に自宅にも入れない川崎麻世さんの話は有名ですよね。
私も最初の頃は、「なんで離婚をしないんだろう」って思いました。

でも、以前に番組にカイヤさんが出ていた時に、
旦那さんのどこが好きかと聞かれて、
カイヤさんは「お尻がかわいい」と言っていました。
それを聞いた司会者が、「それは、やっぱり相手が好きな証拠。
本当に愛情がなかったら、相手のお尻を可愛いなんて思わないよ」
と言われていました。

その言葉を聞いた瞬間、私も思わず納得しました。
確かに、本特に気持ちがない人だったら、
お尻なんて答えは出てこないと思いました。
むしろ気持ちが悪いとすら感じるかもしれません。
それを可愛いと思えるのですから、やはり愛情があるからだと思いました。

カイヤさんと川崎麻世さんの関係は、一般の感じからすると、
とても理解ができるものではありません。
しかし、二人が距離を保ちながらも、
それでも離れないという決心は、
デキ婚で離婚を繰り返す人が多い今、いびつであっても、
非常に美しく感じてしまいました。
カイヤさんのように、相手と適度に付き合えるような器を持っていないと、やはりこういうケースは長続きしないのかなって思いました。
器の大きな女性って、憧れてしまいます。

美人が多い地域

日本三大美人って、秋田美人・京美人・博多美人なんですってね。
私は秋田以外知りませんでした。
昔から秋田っていうのは、美人が多いと有名ですよね。
やはり佐々木希が出ているだけあって、美人度がかなり高いと思います。
あとは浜崎あゆみや椎名林檎の博多なんかもわかりますね。
ただ、京都については、美人がいない・・・。
ネットでも同じようなことが言われていました。

京都の女性で、美人ってあんまりいないですよね。
芸能人でも坂下千里子や安田美沙子。
う~ん・・・。
確かに可愛いけど、美人って言う感じではないんですよね・・・。
芸能人で言うなら、京都はあんまり綺麗な人を見たことがないかもしれません。

街のイメージはあるんですが、坂下さんと安田さんを見ていると、
どうも目がすっとした感じの、日本的な顔立ちが多いのかな~と思いました。
好みが分かれそうですね。
今は目鼻立ちがしっかりしている人がモテる時代なので、
ちょっと京都は弱いのかなって思いました。

市民レベルでは、すごく美人が多いとか?
ただ、ネットの中では、新潟や金沢の人気がすごかったですね!
雪国の方が、やはり美人は多いのでしょうか?
色白の人が多いので、肌は綺麗な感じですよね。
こういう話をしていると、金沢とか新潟に行ってみたくなります。