専業主婦の生命保険論

専業主婦の保険選びで悩むのは、
生命保険に加入するかという点になると思います。
考え方によっては、専業主婦は、普段から収入があるわけではなく、
死亡した後も、経済的には特に状況が変わるわけではないので、
特に男性が生命保険を期待していないのであれば、
かける必要はないという考え方があります。

その場合、お葬式が出せるくらいの、最低限の貯金があれば、
特に生命保険は不要だと思います。
ただし、相手にも生命保険を求める場合は、この限りではないと思います。
特に小さな子供がいるうちは、母親がなくれば、
子供を預けて働くことも必要になるので、
生命保険をかけておく方が良いという人もいます。

子供に遺産を残すという意味でも、
決して専業主婦の生命保険はむだということはないと思います。

では、専業主婦の保険は、一体どう考えれば良い物か?
それは簡単です。
現在の生活に余裕があるかどうかです。

貯金はすでにありますか?
貯金がそれなりにある人で、更に金銭的に余裕があるなら、
迷わず生命保険をお勧めします。
しかし、貯金もあまりなく、経済的に厳しい人が
生命保険に無理して加入しても、最後まで払い続けること
が出来なくなってしまう可能性もあります。
まずは貯金をしっかりして、それでも余裕がある人が、
生命保険に入るべきだと思います。

コメントは受け付けていません。