子持ち女性が『母親』よりも『女』を優先すること

美奈子さんが、「子どもに自分の人生を受け止めて」と言っていることに、
IMALUが反論したようですね。
離婚経験のある親を持つIMALUの意見ですから、
すごく説得力があると思います。
大体の人は、IMALUの意見には同意だろうと思います。

まだ小さな小学生や未就学児に、何を求めているんでしょう。
親がまだまだ子供に愛情を与えて、子供の頼りとなるべきなのに、
子供に自分の人生を受け止めてなんて、無責任だと感じました。
お子さんの父親も違く、プライベートの性描写をウリにしているような
母親の人生を子供は受け入れないといけないのでしょうか?
あまりにも酷ではないでしょうか?

美奈子さんはネットの批判がすごいと言っていますが、
自分の言動がいかに一般人からすると、常識から外れているのかを、
いまだによくわかっていないと思いました。
IMALUも親の七光と言われそこまで人気のある人ではありませんが、
それでも今回はIMALUの主張を支持する人が多かったと思います。

『母親』ではなく、すぐに『女』になろうとするのが、
美奈子さんには感じられてしまい、
そこが女性から批判をされてしまう原因ではないのでしょうか。
やはり小さな子供がいる内は『女』よりも『母親』であるべきだと思います。

コメントは受け付けていません。