女性の20人に1人は風俗業経験者論

『夜の経済学』という本の著者が、
成人女性の20人に1人は風俗業経験者という大胆な分析をしているそうです。
まあ、数字はただの目安ですが、それくらい近年は、
風俗で働く女性がすごく増えているようですね。
雇用が良くなく、仕事を失った人などが、風俗に流れていくこともあるのかな。

私がよく愛読している闇金ウシジマ君では、
大体闇金からお仕事を紹介されて、風俗に流れていく子が多いんです。
闇金には手を出してはいけませんが、やはりそれだけ
お金に困っている子が多いのかな。
同じ女性として、風俗でお金を稼ぐっていう
考えがない私としては、なんで風俗で働けるのか、そっちの方が不思議です。

私だったら、アルバイトを掛け持ちしてでも、絶対に風俗では働きません。
自分の体に自信がないっていうのもあるのですが、
やはり家族や友達にばれた時に、全てを失ってしまうような気がするのです。
自分を売るというのは、それだけ最終手段であるべきだと思いますね。

若さを簡単に売りにしてしまう子は、
将来、真面目に働くことができるのでしょうか?
若さはいづれ無くなり、真面目に働かないと行けない時期が来ます。
やはり私はもうちょっと、女性が風俗で働くのは
考え直した方が良いのではないのかなって思います。

ビッグダディの元妻が女性に嫌われる理由

何かとバッシング報道が大きくなってきたビッグダディの
元奥さんの美奈子さん。
コミックも発売されて、ビッグダディとのセックスシーンも
描かれているようです。
恐らく美奈子さんがバッシングされてしまうのは、
こういう所なんだろうな・・・と思ってしまいました。
子供を育てるために何でもするという心意気は、
同じ子供を持つ母親として、共感できる部分があります。

しかし、美奈子さんの場合は、自分の性を売り物にしているのが、
やはり母親から見ると、どうしても許せない部分が
あるんだと思います。
子供がいるのに、両親のセックスを売り物にして稼ぐというのは、
やはりどうしても素直に応援できないと思います。
子供がどんな気持ちで、見ていることか・・・。

それを考えてしまうと、どうしても美奈子さんの稼ぎ方には、
文句を言いたくなってしまいます。
いくら美奈子さん自身が「やましいことはない」と言っても、
世間はそうは見てはくれません。
子供がいじめに合うとか、母親として、
子供にそうした影響が出るということを考えて、
しっかり行動しているのか。

美奈子さんの言動には、疑問を感じることがあります。
これがきっと、一部の女性には、
非常に不愉快に映っているのであろうなと思いました。

リベンジポルノ

リベンジポルノという言葉話題になっています。
別れた報復に、交際中に録画したわいせつ画像を
ネットにバラまく行為のことです。

まあ、一言でいうと、「そんな画像を撮るな!」ってことだと思うんですが、やはりこれが相当大きな問題になっているようです。
ネットにバラまいてしまった画像は、拡散されてしまうと、
もう収集がつきません。
こうなってしまうと、やられた人は、
取り返しがつかなくなってしまいます。
リベンジポルノに利用されるようなものを撮らせないことが
一番の予防策かもしれません。

まだ、三鷹の高校生の場合は、学生だったので
年上の彼氏の言いなりになってしまったのかな~と思いました。
今でも出回っているようですし、
本当に遺族はWのショックだと思います。
こういうことをする人は、主に男性が多いと思いますが、
やはりやってはいけませんよね。
こういうのは厳しくこれから取り締まって欲しいなと思います。

今はちょっとでもネットに出ると、
すぐに拡散されてしまうので、もうどうにもできません。
もしも三鷹の事件で、女子高生が生きていたとしても、
リベンジポルノのこともあるので、本当に傷ついたと思います。
これぐらいの女の子って、
やはり親にはこういう映像が出回っていると
知られたくないと思います。
ショックで自殺になっていたかもしれませんね。

子作りのための性行に対する男女の違い

子供を作りたい女性にとって排卵日は非常に重要ですね。
特に子供がなかなか出来ない場合は、排卵日を狙います。
ただし、この排卵日を狙った子作りには、
男性の方が気持ちがなえてしまう人も多いようですね。
女性は子作りのための性行にあまり何とも思わない人もいますが、
男性の方が、子作りのためと意識してしまうと、
その行為に何か冷めてしまう部分があり、
夫婦間で揉める原因になったりします。

女性よりも男性の方がそれだけムードや
自然な気持ちを重視しているのかなって思いました。
やはりそういう部分って重要ですよね。
でも、子供が出来ない場合は、やはり排卵日を狙うのが確実で、
女性としてはそこへ自然と誘導するようにした方が
いいのかなって思いました。

「今日排卵日だよ!しようよ!」と直に誘ってしまうのは、
やはりあまりにもデリカシーがないというか。
男性にしてみれが、「今日は仕事があるよ!」と
言われているような気持ちになってしまうかもしれませんね。
特に不妊治療をしていると、妻が誘ってくるのは、
やはりそういう理由があるからだろうな・・・と
考えてしまいますね。
だから不妊治療が嫌だと言う男性が多いのかもしれませんね。
したい気持ちと、しなければいけない気持ちでは、
やはりプレッシャーが違うと思います。

妊娠中毒症への不安

妊娠すると喜びと同時に様々な不安に襲われます。特に高齢出産による様々なリスク。私は今回、高齢出産となります。高齢出産で一番懸念されるのはやはり妊娠中毒症です。妊娠中毒症とは血圧や血糖値、尿たんぱく、尿糖などの数値が高くなってしまうことによって胎児へのリスクや出産のリスクが上がってしまうことを言います。

中毒症の原因のほとんどは妊娠時の食生活だと思われますが、35歳を過ぎたら特にこの食生活をはじめとする妊娠生活に注意を払わなければなりません。私もいろいろと気を使っているつもりなのですが、検診時、毎回血圧が130ぐらいあるのです。120ほどが普通なのに結構高い数値ですよね。

でもまだ、尿たんぱくや尿糖が出ていないので、今は大丈夫だろうと言われていますが、もしタンパクなど出たら入院になるかもしれません。むくみも今のところ大丈夫ですが妊娠後期にまた一気に体重が増えてしまうのでそれに合わせて中毒症の症状も出てしまったらと思うと不安で仕方がありません。

産後のセックスレスは仕方ない?

産後のセックスレスに悩む女性は多くいます。私の周りにも少なくありません。このまま一生、性行為がなくてもいいかなあ、なんて言っている女性もいるほどです。しかし、まわりからは「第二子、第三子はどうなの」とプレッシャーをかけられますし、周りから妊娠報告を聞くと、なんとなく焦ってしまうものです。

うちにはうちの家族の生活スタイルがあるからと思っていても、周りに流され少し悩んでしまうのは仕方のない事かもしれません。しかし、じゃあ久しぶりにセックスをしようかといざ構えてみても夫婦のタイミングってそうそう合いませんよね。中には奥さんの方から誘って拒まれたことがずっとトラウマになっている人もいます。

また、ほかにセックスフレンドを作っている方もいます。家族と言えども、もとは恋人同士でお互いが惚れ込んだ中なのに、いつのまにかセックスをしなくなるというのはなんだか悲しいことですが、セックスレスの夫婦が多い事は事実です。もともと日本はセックスの少ない国だとは言われていますが、やっぱりお互いに努力してせめて月数回は夫婦生活を充実させたいものですね。

ほんとにあった若年性更年期障害

友人たちの間で、たまに若年性更年期の話で盛り上がることがあります。半ば冗談ちっくに笑いながら話しているのですが、中には本当に更年期症状ではないのかと疑われるような友人もいます。その友人は今までずっと冷え症でいつも厚着だったのですが、最近、暑い暑いと言って、たとえ気温が10度の中でもノースリーブや肌着一枚で過ごすのです。

かと思えば夜は寝つけないほどの寒気に襲われるそうです。また、まったく汗をかかなくなり、どんなに運動をしてもダメだそうです。メンタル面でも不安定になることも多く、急にイライラしたり、涙が出てしまったり、動悸が激しくなるようです。そのような症状を聞いていると数年前の母親の更年期症状と似ているなと思いました。

更年期障害とはだいたい40代後半から50代半ばの間に表れる症状ですが、まだ30代早々でそのような症状を訴える友人知人も少なくないのが現状で、私にもそろそろ更年期症状が表れてしまったらどうしようかと不安になってしまいます。

おりものの臭い

最近、おりものの臭いが気になります。俗に言うすそわきと呼ばれるものかもしれません。今まではあまり気になりませんでした。でも最近は、しゃがんだ時や、パンツなどに酸っぱい臭いがあるような気がしてしまうのです。思えば最近、いつもにも増しておりものが増えたような気がします。

排卵日前後はねっとりとした粘り気のあるおりものが増えますが、それとも少し違うのです。白っぽいカスのようなものがパンツについていることもあり、少し酸っぱい臭いを放ちます。織物の臭いが気になりだして、一日の中でも何度かパンツをはき替えるようになりました。外出中はおりものシートを持ち歩いてこまめに変えています。

生理が来れば落ち着くのかなあとも思ったのですが、やはり生理が終わった後の排卵日までの間もこのようなおりものが続いて、だいたい3ヶ月ぐらい経ちます。これは何かの病期の兆候なのでしょうか。おりものの臭いの他にはこれといった症状も痛みもないので放置してしまっていますが、病院に行って診た方が良いでしょうか。

 

セクハラやちかんを避ける為に。

セクハラやちかん、レイプなどはいつの時代も女性の悩み、問題です。加害者を自ら見つけることは、警察でない限りなかなか難しいものです。そこで自分のできることは、自分を守ることでしょう。

例えば女性はファッションで胸の谷間を見せてみたり、ミニスカートをはいてみたり、本人はオシャレでしていてもそうは見ない男性がほとんどです。また、女性も男性の気を惹きたいという気持ちも無くはありません。しかし、自分の思う人に見てもらえるかといったら、そうとは限りません。思う人が見ていたとしても、また、そうでない人も見ている可能性を常に考えなければいけません。

だからといって、体を隠せと言っているわけではありません。正直私もミニスカートや露出が多い服を着たことがあります。

重要なのは常に緊張感をもっていることだと思います。例えばスカートが短いなら、階段やエスカレーターで見えないようにガードする。胸が開いた服ならストールなどで隠すことができるものを常に持っておく。携帯で話をしながら夜道を歩かず、周りに意識をもっていく。

そういった工夫だけで、隙はだいぶ無くせると思います。隙があまりない女性はどんなに露出をしてても、狙われにくいでしょう。何よりも狙われるのは隙だらけという人です。

被害者で泣く前に出来る限りのことは、自分で自分を守るものとして女性がしていくべきことだと思います。

症状に悩まされるのは約半分の女性だけ。

更年期障害の症状は、女性の半数に起こると言われています。実は私の周りには母親や叔母をはじめ、更年期障害に苦しんでいる人が多くいます。そういうのを見ているせいか私も絶対に更年期障害になるなあと確信していたのですが、世の中の更年期を迎えている女性の半分は、更年期症状に悩まされることなく平常通り過ごせているというのです。

更年期障害に陥りやすい人というのは、性格的なものが大きく関係してくるそうです。根が真面目な方や、責任感の強い方などは更年期障害になりやすく、長引いてしまうようです。逆に楽観的な方には症状があまりないと言われています。

私は更年期障害と聞けば、何かとんでもない症状が自分の体に表れるんだなあとドキドキしているのですが、ちょっとひどいPMS、ちょっとイライラしたり憂鬱な気分が激しいだけ、思春期のあのなんとも言えない感情の起伏、そんな程度に考えればなんなく過ごせそうな気がしないでもありません。ずっと続く症状でもないので、楽観的に考えていこうと思います。

男女の性の感覚の違い

私は来年結婚予定ですが、彼氏にしょっちゅう「早く生でしたい。早く中出ししたい。」と言われます。私は結婚するまで、というか子供を欲しいと思うまで避妊をしたい考えです。もちろん彼氏は無理強いすることは無く、私の意志は尊重してくれますが、たびたび上のような事を冗談めかして言われます。

最初は嫌悪さえ覚えていましたが、今では上手く受け流すことはできるようになりました。男性はAVから、又は噂からそういった気持ち良さを知りたいと思うのでしょう。それはそれで仕方ない感情なのかなと思います。

私は女なので、やはりまだ子供をと思っていない時期に考えもなくするのは抵抗があります。もちろん、彼が言うように一つになりたい、中に全て出して欲しいという本能的なものはあります。でもやっぱり子供を大切にしたい気持ちが強いので、なかなか彼の意見にうんと頷くことはできません。

結局はどこまで男性が感情を抑えてでも彼女を大切にしたいと思えるか、そして女性が男性の気持ちも理解しつつ、なだめて話をできるかということだ思います。最近ではできちゃった婚が当たり前のように浸透していますが、私としてはできたから結婚するのでなく、結婚をして家族を増やしたい、この人との子供を作りたいという思いで妊娠できたらなと思います。

鬱を目の当たりにして

叔母が更年期症状からくる鬱症状になってしまいました。彼女はほんとに綺麗で元気でよく働く女性でした。数年前までも元気な姿を見せていたのですが、先日久しぶりに再会したら、顔はむくんでいて、表情も乏しかったです。叔父が言うには「更年期からくる心の病でね」と。

しかし叔母は茶碗を洗ったり掃除をしたり日常生活はなんなく過ごしていました。しかし自分から何かを話すということは全くしません。ただ座ってテレビを見ているだけで、私が話しかけても「うん」「そうだね」ぐらいにしか答えませんでした。どうやら、ただ座ってテレビを見ているだけでも実はすごく疲れるのだそうです。

祖母が「横になったら」と言ったら、そのまま横になって寝てしまいました。叔母は病院で薬を処方されていますが、その副作用なのか顔もむくんでいます。更年期症状って体だけでなく心にも障害をもたらすのかと怖くなってしまいました。叔母には早く更年期障害が治って、また元気な姿になってくれることを信じています。

 

排卵日から2週間という日々

子作り再開して3ヶ月が経過しています。とは行っても私の生理周期は約1か月半というちょっと異常な長さの周期なので、この3か月の間に排卵日は2回しかきていません。1回目は排卵日周辺だったにも関わらずだめでした。妊娠とは簡単なものではないんだなあと痛感しています。

しかも前回は想像妊娠をしてしまい、検査薬で陰性と出た途端、想像妊娠の症状であるつわりとか下腹部の違和感とかが消え去りました。思い込みと言うのは怖いですよね。今回は、想像妊娠をしないようにとあまり期待しないまま過ごしていますが、排卵日後あたりから基礎体温を測れない日が続いてしまいました。

私の生理周期は月によっては5日以上も長かったり短かったりするので、基礎体温やおりものぐらいでしかだいたいの排卵日というものがわかりません。今、高温期が続いていますが、何日目なのかもわからないし、もしかして妊娠しているのかそうでないのか、あまり考えないようにしたいのですが頭の中はそのことばかりでいっぱいです。

子供を待ち望んでいる女性にとって排卵日からの約2週間は本当にドキドキする日々ですよね。

 

妊娠中のセックス

妊娠をするとセックスレスになる夫婦がとても多いようです。女性の方がそういう気分にならなかったり、赤ちゃんに悪いのではないかと旦那さんを拒みがちになるそうです。

しかし実際、妊娠中にセックスをしてはいけないのかというと、そうではありません。むしろ、セックスレスの女性よりセックスをしていた女性の方が早産の危険性が低いという結果もあるそうです。詳しいことは分かっていないようですが、赤ちゃんもパパ、ママが仲良しだと嬉しいのでしょう。

ただ気をつけることはもちろん多くあります。妊娠初期はあまりしないこと、女性の楽な体位で挿入すること、ウイルス等の感染を防ぐ為必ずコンドームをすること、挿入は浅く、激しくしないこと、お腹が張ったりと何か変化があったら中断すること、など女性も男性も赤ちゃんを守る為に注意深くする必要性があります。

そんなにたくさん注意することがあったら、ムードも無いし、疲れるから嫌!という方も多くいるでしょう。しかしそこで男性が女性を思いやりながらできると、ただのセックスでの快楽とはまた違った、お互いを大切にするとても幸せな時間を過ごせるのです。私はセックスをとても大事な愛情表現だと思っています。妊娠しても上のようにお互いを思いやれるセックスを出来たらなと強く思うのです。

胸よりお尻?

私の彼氏がよく言うのですが、男性は若い頃、女性の胸にとても興味を持つが、年を取ると胸よりお尻の方が魅力的に感じるそうです。もちろん個人の好みはあると思いますが。

いやしかし確かに、思春期真っ只中の男子の目線や興味はお尻よりも胸にあるように感じます。あいつの胸は大きいなどと陰で話していることも多いです。また女子の方も、比較的胸の大きさや形を気にしています。体操服を着たり、夏になり薄着になると、同級生の間でも胸に気持ちや意識が向きます。見た目で分かるからこそ余計気になるのかもしれません。

しかし大人になると、胸よりもお尻の方が魅力的に感じる男性は多いようです。ふっくらとした女性らしいお尻に視線が動くようです。はっきりとしたことは分かりませんが、性的な意味からそうなるのでしょうか。また子孫を残そうとする人間の心理からくるものなのでしょうか。

男性の目がどのようなところを見て魅力的と感じるか、また年を重ねるに連れどう変わっていくのか、女性の私には分かりませんが、彼氏に言われればやはり胸と同じくらいお尻の形や大きさが気になってくるものです。これから年を重ねるにつれ体も変化していきますので、いつまでも男性に興味を持ってもらえるよう努力したいなと思う今日この頃です。

高齢出産、芸能人には多いけど。

35歳を過ぎるとダウン症の子供が生まれる確率が高くなってしまうそうです。とは言っても、若くして生めば絶対に大丈夫と言うわけでもないそうで、ただやはり35歳以降、特に40歳を過ぎてからの妊娠にはそのような可能性も20代よりは高いということを視野に入れておかなければなりません。

35歳を過ぎるとやはり出産に対して大きな壁が立ちはだからるような気が私自身もしています。私もいよいよ高齢出産の年齢に突入しました。できればあと2人ぐらいは子供を欲しいなと思ってはいるのですが、ネットなどを見ていると高齢出産に対して否定的な産婦人科の先生などもいらっしゃいます。

また簡易的なダウン症検査(エコーも含む)によってダウン症の可能性があるとわかった途端に中絶を行う女性も増えているようです。でも、ダウン症には軽いものから重たいものまで様々な症状がありますし、たとえ健常に生まれてきたとしても、どこかの機能が通常より弱かったりアレルギーであったりと、みな何らかの障害を持っていることの方が多いような気がしています。でももしも妊娠初期の検査で、自分の子供に障害があるかもと指摘されたら、やっぱりすごく悩んでしまいますよね。

女性をなんだと思っているのか・・・

体だけの関係を求めてくる男性がいます。私が子持ちであろうが既婚者であろうがそんなことはどうでもよいようです。彼は出張で私が住む町に寄るたびに宿泊しているホテルの番号を教えてきます。そして今夜一緒に過ごしたいと言います。もちろん私は一度もその手に乗ったことがありませんし、彼だって私だけでなく数人の女性に同じようなメールをしているはずです。

彼ももちろん既婚者ではありますし、子供もいらっしゃいます。相手の家族や生活を考えればそのようなお誘いなどしないのが普通でしょう。しかし中にはこのようにダイレクトに体を求めてくる男性もいらっしゃいます。

彼とは仕事の関係で一度取引をしたことがあるだけですが、初めて名刺交換した時にすぐプライベートの番号を聞いてきました。仕事の関係上断れない事を知ってのことだと思います。ほとほと呆れますよね。最近はメールにも無視していますが、たぶんその無視にも何とも思っていないのでしょう。やっぱり年に数回は同じようなメールが届きます。しばらく会っていないので私の名前なんて忘れてしまってるだろうと思いますが。

美魔女を嫌わないで・・・

美魔女と呼ばれる女性に対して賛否両論ありますよね。

妬みや嫉妬の気持ちも含まれているのかもしれませんが、そんな年齢になってまで執拗に美にしがみつく女はイタイとか、どうせお金をかけて綺麗になっているだけだなどといろいろ言われています。確かに、セレブな奥様ほど美魔女の確率が多く、綺麗な方が多いですよね。

もちろん私が使っているスキンケア用品よりも高いものを使用しているんだな、エステやジムに通っているんだなあ、とうらやましく思いますが、でもこの年齢の美しさってそれだけで身につくものじゃありませんよね。外だけ着飾っている人はやっぱりそのようにしか見えないものです。

妬みや嫉妬をされるぐらい美しいアラフォーはやっぱりそれなりの努力をしているのだと思います。私もこれから美魔女世代に突入するので、今まで以上に美や健康に気遣っていきたいと思っているし、40代そこそこで女を捨ててしまうのはとてももったいない気がするのです。なので美魔女と言う存在をあまり嫌ってほしくないです。

 

 

妊娠中のセックス

妊娠中のセックスにはどうしても拒んでしまう自分がいます。

自分自身でもなんとなく感覚的にわかるのですが、妊娠中の子宮はちょっと下に下がっているように感じます。そしていざ挿入となるとちょっと痛いように感じてしまうのです。とは言っても私にも性的欲求があるのでモンモンとすることもあります。

ですが、やはり妊娠中のセックスはなんとか避けたいと思ってしまいます。でも主人にどのように拒んでいいのかわかりません。やみくもに「イヤダ」「触らないで」と言って傷つけたくもありません。また、妊娠中にセックスをすることは産後のセックスレスを招かないとも言われていますよね。

第一子の時は産前産後1年以上のセックスレス時期がありました。一度しなくなると、タイミングがわからなくなってしまうものですよね。やはり定期的にしておくのが良いのでしょうが、私は気が進みません。安定期なら大丈夫だと思いますか?第一子の時はずっと切迫早産気味だったので下腹部の張りが少しあるだけでも怖くて仕方がありませんでした。

黄体ホルモンが減少

最近になってやっと基礎体温を測るようになりましたが、まだ授乳中のせいでうまく測れないのか、体温がガタガタなのです。低温期の時は一定しているのですが、高温期になると何日かに一度がたっと下がる日があります。

2か月ほど測ってみて同じような感じだったので、もしかしたら私、黄体ホルモンの分泌が少なくなっているのかもしれません。私の高温期は通常12~14日ほどです。出産ししばらくの間は体温を測っておらず生理も再開していなかったのでわかりませんが、測り始めたこの2か月もだいたい14日でした。

高温期が10日以下なら黄体機能不全を疑った方が良いといいます。しかし、そのほかにも高温期中の体温低下も黄体機能不全の可能性があると言われていますよね。私は赤ちゃんを望んでいるのですが、黄体機能不全の場合、うまく子供が宿らないようです。でもできれば自然妊娠をしたいの、そろそろ婦人科で不妊治療を始めた方がいいかもしれないと思えてきました。同世代の周りの人も黄体ホルモンの注射を打ったり、薬や漢方薬を処方しています。

 

彼氏でない人とのセックス

彼氏ではない人とセックスをするのは、高校時代で軽い子なんだという意識が強く、周りからも反感を買っていました。しかし大人になるとどうもそれは違うようです。

実際私の周りでも聞いてみるとほとんどの子達が、彼氏ではない人とのセックスを経験したことがあると答えました。彼氏がいなくて寂しい時、セックスがしたいと思った時、人肌恋しい時、その場の雰囲気で、彼氏はいるけど他の人ともしてみたくて、といったように理由は様々です。

決して正当化するわけではありませんが、誰かを傷つけたり自分を傷つけたりしないのであれば良いのではないのかなと私は思います。女性にも性欲はあると思いますし。また、もし何かしらの理由でバレたり、人を傷つけてしまったならば、それだけの責任や罪悪感は持つ覚悟は必要かもしれません。

私も興味本位で彼氏以外とセックスをしたことがあります。最初は抵抗や罪悪感はありましたが、終わってみるとなんだこんなものかと思いました。結局よほど生理的に無理ということがない限りは、セックスはできるようです。

しかし満足度や愛を求めるならば、やはり愛する人とのセックスをすることが一番でしょう。私は経験してみて改めて、愛する彼氏とのセックスが一番幸せだと実感することができました。

何を求めてセックスをするか、それによって相手が変わってくるのかもしれません。

2人目不妊

2人目不妊という言葉があります。

もしかしたら私たち夫婦もそうなのかもしれません。私は1人目をアラフォー年齢で産んだので、2人目も早めに産んでおかないともう産めなくなるかもしれないと不安になることがあります。でも私には「子供は授かりもの」という意識が強くあるので、堂々と子作り宣言をする人に対しての抵抗も若干あります。

一人っ子の子供を持つママ友たちとは、よく2人目の話になります。子供ができると子供が優先になるため夫婦仲は二の次になります。子供は成長するほどイベントやら何やらがあってますます子供中心となってしまいます。なかなか夫婦2人きりの時間も取れませんし、子供に気遣う面も増えてしまいます。

だから「2人目は年子で一気に産んでおけばよかったかな」とか「2人目のタイミングが全くわからない」「このまま一人っ子なのかもしれないな」とちょっとした悩みを抱えているママは少なくありません。

私も一時期、年子の方が良かったかなと思うこともありましたが、でもその時無理だと思ったから、今があるのだと考えるようにしています。やはり私には授かりものという意識の方が強いので、某ママタレの子作り宣言などには、少し引いてしまいますね。

性教育のタイミング

子供への性教育は、子供がだいたいいくつぐらいから始めたらいいのかわかりません。私の実家には「人間のからだ」という絵本があって、それにはセックスのことや、男女が裸で抱き合うなどのイラストもありました。幼心にもなんとなくこれはどういうことなのかわかっていた気がします。

直接教えなくとも、このような絵本などを家に置いといた方がいいのでしょうか。もちろん、小学校に入ると女子の場合は、生理についての保健授業があったり、妊娠出産などのビデオなども見たりしますよね。学校で教えるなら親があえて教える必要はないのでしょうか。

もしも、いつか子供に「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」と聞かれたら、なんと答えるのが一番良いのでしょうか。悩みどころですよね。コウノトリが運んできたよという話も変ですし、パパとママが欲しかったからがんばって作ったんだよ、とこういうニュアンスでも良いのでしょうか。

多感な時期が始まる前に、このような事をしっかりとそして真面目に話す機会を設けたいなと思っています。

依存症?

私の親友は、若いころからセックス依存症です。夜の華やかな世界で長きに渡り働いていたのもあり、彼女は客を獲得するためにほとんど枕営業をしていました。彼女自身も「セックスは楽しむ」というポリシーの持ち主で、恋人は作らず不特定多数を付き合っていました。

しかし、そろそろアラフォーを迎えますが、まだ依存症から抜け切れていないようです。しかし、一夜限りだとしても、同世代の男性は引いてしまうようです。確かに彼女は20代の頃はスタイルも良く、綺麗でした。親友である私から見れば彼女の容姿は、若いころから比べてもそんなに変わったような気がしませんが、男性には「アバズレ感」がどうやらわかってしまうようです。どんなに甘えてもどんなにボディタッチしてもアピールしても、セックスには至らないそうなのです。男性だけに限りませんが、

私たち女性にとってもやはり、できるだけピュアな人と付き合いたいと思ってしまいます。アバズレやヤリチンと体を重ねても、それはコミュニケーションというより、よりマスターベーションに近い行為だったり、暴力的で自己中心的な行為にしかならないような気がしてしまいますよね。

となると、これからの彼女が心配でなりません。依存症を題材にした映画も話題になっていますが、これも真剣に克服することが大事かもしれません。

いまだに忘れられない痛み

主人が子供を欲しがっています。もちろん私も欲しいと思っているのですが、以前の出産が難産だったのと痛みが忘れられない事、そして高齢出産への不安などがあり、妊娠するなら早い方がいいのですが、気持ち的にはまだ躊躇しています。

出産の痛みは忘れるようにできていると言いますが、私は出産から2年も過ぎますが、いまだに忘れられないでいます。生理痛の痛みも、子宮収縮に近い痛みだということを出産後に知りました。なので生理痛があるたびに出産のあの日を思い出してしまいます。これでは次の子づくりも怖くてできないなと少し悩んでいます。

しかし先日、知人も同じようなことを言っていました。そして私と同じ難産でした。これがスピード安産であれば、私ももう1人といわず、もう2人ぐらい欲しいと豪語するでしょうが。実際、痛みに耐えられず失神し酸素マスクをつけた話も少なくありません。出産はこの世の中でも本当に素晴らしいことなのは確かですが、出産する女性のリスクや痛みなど、主人を初めもう少しみんなに認知されればなあと思ってしまいます。

アダルトビデオ

アダルトビデオを彼氏の家で発見。とてもショックだった。するなら隠れてやって欲しい。そんな話を聞いたことがあります。学生時代は多く聞きましたが、大人になっても嫌だと思う方は多いようです。

それに比べ私は彼がアダルトビデオを見ることに全く抵抗を感じません。生活上一週間に一度しか会えないので、彼が一人でしても仕方ないと思います。その材料となるのであれば、アダルトビデオを使ってもらって全く構いません。「綺麗なお姉さんと気持ちよくなったら~?(笑)」なんて言葉もかけます。

むしろ想像だけで一人で抜いているのであれば、ちょっと私としてはそれはそれで怖いなと思うかも。。。(笑)まして、一週間我慢してというのも若い男性には無理な問題です。

また私は彼と一緒に見ることもあります。彼の持っているものを見たこともありますし、ホテルで一緒に見ることも多いです。それを見てちょっと研究してみたり、「これ今日やってみる!?」なんて新しいことを発見したり。不思議とアダルトビデオのお姉さんに嫉妬はしないのです。

風俗に行かれるよりかは断然問題ありません。男性も心は一途でも色んな女性を抱きたいと思うのでしょうから、それをアダルトビデオで発散してくれるならどうぞどうぞという感じです。抵抗を感じている人もたまには勇気を出して一緒に鑑賞してみはいかがでしょうか?案外新しい発見もできるかもしれませんよ。

自分なりのセックスアピール

女性でセックスの上手な人と言えば、フェラチオのうまさとか名器とかを連想していまいますが、どうやらいい流れでセックスができるかどうからしいです。特に女性はムードあるセックスをしたいと思っていますが、男性も同じ気持ちのようですね。

でも女性がうまいかどうか、それは実際にセックスをしてみないとわからないわけですよね。そうなると男性はより自分の性欲が満たされるような外見の女性を求めるしかないようです。壇蜜のようなエロさや、巨乳、ヒップなどセックスアピールがある女性なら、簡単に口説かれるでしょうが、体にコンプレックスのある女性はその点で不利だと思われがちです。

私も胸がないしガリ痩せ体型なので、男性から見てもそんなにやる気が起きないでしょう。でも、セックスはいわばコミュニケーションのひとつです。なので、会話やボディタッチ、空気感がわかれば、セックスにおいてもだいたい同じような流れとなるのではないでしょうか。

少しいやらしいかもしれませんが、男性と体を重ね合わせているような気持ちを持って会話してみれば、男性にもこの人とセックスしてみたいかもと思わせることができるかもしれません。

性欲が強い

私は性欲が強いと彼によく言われます。確かに性欲が強いのかな?と思うこともありますが、セックスに対して性欲とはまた違う欲もあるのです。

それは精神安定剤のような効果を求めているのです。だから不安になったり、鬱になったり、嫌なことがあると、必要以上に体を求めてしまいます。体を密着させ、求められ、自分の中に彼が入っている時は、本当に一人ではないんだと体と心で感じることができ、安心するのです。

実際、私はまだイクという経験をしていないので、最高の気持ちよさというものは知りません。しかしイク事がなくても、とても気持ちよいと思いますし、安心できることが何よりも幸せに感じられるのです。

もちろんその感情も行き過ぎると「セックス依存症」という病でしょう。私も一時期は依存症なのではないかと不安になり、色々と本やネットで調べたりしました。しかし私は彼以外の人とセックスをすることはなく、日常生活に支障をきたすほどでもないので、周りの友人に比べて性欲が強いというだけでそこまで気にしなくても大丈夫なようです。

ただやはり、相手とのタイミングや体調、気持ちを気遣えなくなったら問題だなと思うので、そこは自制をしながら彼と話合いながら上手く自分の性欲と付き合っていこうと思うのです。

フェラが苦手。

フェラが苦手という女性は多いのではないでしょうか。比較的、男性よりも女性の方が性器を愛撫することに抵抗を感じやすいと思います。私もそのうちの一人です。

経験が無い頃は、「どんなに好きな人であっても、フェラなんて絶対無理!!」と言っていた私でしたが、実際に彼氏が出来てセックスをするようになるとフェラをするようになりました。それはやはり、自分も愛撫してもらって気持ち良いから、大好きな相手も気持ち良いと思って欲しい、気持ち良くさせてあげたいという気持ちが強くなったからです。相手の反応に幸せを感じることも事実です。

しかしだからと言って、今でも決して好きだとは言えません。何度してもあの味には慣れずにいます。口に出された精子は特に辛いものです。また、口が小さく相手のものが大きいと、とても口やあごが痛くなってしまいます。

友人の中には「彼氏にはフェラは出来るけど、セフレや好きでもない人にはフェラはしない。出来ない」という子が多くいます。結局は愛があるか、ないかの問題なのかもしれません。愛があれば、少々嫌でも、相手を気持ち良くさせてあげたいと強く思うのです。

たまにフェラが好きという女性がいますが、私はフェラが好きと断言できる日は来ないような気がしています。

アダルトビデオって

夫婦の営みが徐々に減ってきているのは仕方ない事だと思います。私の性欲も前ほどなくなりました。ですが例えば主人が、Hな動画やサイトを見ていると思うと、なんだかムカついてしまいます。妄想的で勝手な感情であることはわかっていますが。どうしても。

まだ付き合いはじめの頃に、男(というか主人)って女をこういう目で見ているのか、とがっかりしたことがあります。それは二人でアダルトビデオを借りに行った時のことでした。どんな内容を借りようか二人で迷っていて、私はアダルトビデオとはシチュエーションや内容を重視するものだとばかり思っていたのですが、当時の主人が「これはどお?」と見せてきたのが、めっちゃかわいいAV女優さんのビデオでした。

「この人・・・顔で選んでる」と思いました。とってもジェラシーな気持ちにさいなまれたのを覚えています。なので、主人が隠れて見ているだろうアダルトビデオも、またきっと、かわいい女の子のやつなのだなと思うと、勝手に腹が立ってくる自分がいます。同じような気持ちの奥さんはいらっしゃいますか。