女性の20人に1人は風俗業経験者論

『夜の経済学』という本の著者が、
成人女性の20人に1人は風俗業経験者という大胆な分析をしているそうです。
まあ、数字はただの目安ですが、それくらい近年は、
風俗で働く女性がすごく増えているようですね。
雇用が良くなく、仕事を失った人などが、風俗に流れていくこともあるのかな。

私がよく愛読している闇金ウシジマ君では、
大体闇金からお仕事を紹介されて、風俗に流れていく子が多いんです。
闇金には手を出してはいけませんが、やはりそれだけ
お金に困っている子が多いのかな。
同じ女性として、風俗でお金を稼ぐっていう
考えがない私としては、なんで風俗で働けるのか、そっちの方が不思議です。

私だったら、アルバイトを掛け持ちしてでも、絶対に風俗では働きません。
自分の体に自信がないっていうのもあるのですが、
やはり家族や友達にばれた時に、全てを失ってしまうような気がするのです。
自分を売るというのは、それだけ最終手段であるべきだと思いますね。

若さを簡単に売りにしてしまう子は、
将来、真面目に働くことができるのでしょうか?
若さはいづれ無くなり、真面目に働かないと行けない時期が来ます。
やはり私はもうちょっと、女性が風俗で働くのは
考え直した方が良いのではないのかなって思います。

コメントは受け付けていません。