専業主婦にとって離婚後の一番の障害は就活

離婚はすごいパワーを使うといいます。
私の友達に学生時代に一番早く結婚した人がいますが、
先日離婚をしました。

就職活動が嫌で、「専業主婦になりたいな~」と言っていた友人が、
デキ婚でそのまま結婚することになり、
就職活動を早々に離脱していた時には、正直「いいな~」と思いました。
友達はそのまま、大学卒業と同時に結婚。
「専業主婦で暇~」と言っているのを聞くたびに、
これまた「いいな~」と思いました。

でも、自分が結婚してからは、そういうこともなくなり、
しばらくは忙しいこともあって、お互いに音信不通でした。
でも、友人の方は、いつからか、
旦那さんとすれ違いになっていたようで、離婚の話が進んでいました。

旦那さんから、
「お前は働いたこともないのに、イチイチうるさい!」と言われたり、
社会人経験がないことを、ケンカの度に指摘されて、
「こんなに言われるんだったら、就職活動しておけば良かった」
と言っていました。

そしてこれから、30代にして初めての就職活動をしているそうです。
デキ婚で新卒での就活経験がない友人は、案の定、書類選考で全滅。
この先、お子さんを連れて、どうやって生活をしていこうか、
すごく悩んでいます。
専業主婦をしている女性は、離婚と同時に就活がまっているので、
そこが一番難しいと思います。

コメントは受け付けていません。